ja.mpmn-digital.com
新しいレシピ

ピートウェルズはピザについてチーズを知りません

ピートウェルズはピザについてチーズを知りません



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


私はピザについて少し知っています。私はネオポリタン対ラウンドについて書きました。ブルックリンvs.クイーンズvs.ブロンクスvs.マンハッタンvs.スタテンアイランドピザ;コネチカット州ニューヘブンのピザ。ロードアイランドのグリルピザ。ペンシルベニア州オールドフォージ。世界の自称ピザの首都。スコットウィーナーと一緒にピザツアーに参加しました。による講義に出席 ピザ:天国のスライス 著者エドレヴィン;スライスピザブログの創設者であるアダムクバンに私の写真を撮ってもらい、ニューヨーク市から半径500マイル以内にあるすべてのピザ屋をサンプリングしました。だから、ええ、私はピザについて少し知っていると思います。

先週の日曜日、私はニューヘブンに立ち寄り、サリーズ、ペペ、モダンで構成されるニューヘブン(天国?)ピザの聖なる三位一体の一部であるモダンアピザでペパロニとソーセージのパイを食べました。それは私が月曜日にマイケルホワイトの新しいイーストビレッジピッツェリアニコレッタでカラブレーゼピザを食べることを思いとどまらせませんでした。それは本質的にペパロニとソーセージのパイです。

ニコレッタのレビューをする前に、暇なときに好きなことで報酬を得ているピート・ウェルズが今日のニコレッタをレビューしているのを見て驚いた。 ニューヨーク・タイムズ ダイニングセクション。ピートウェルズ、私の最愛のパルム、ヒルカントリー、ILブコなどのカジュアルな飲食店で複数の星を惜しみなく与えてきた男(私は当然そう思う)。だから、ウェルズが大きな脂肪のガチョウの卵、ドーナツを落としたときの私のショックを想像してみてください。 e。ニコレッタの星はゼロ。これは私の心に大きな疑問を投げかけます。ウェルズは、食べ物のレビュー以外の議題を持っていると非難されている恐ろしい悪名高いGQ評論家のアラン「d%&chebag」リッチマンに例えられるべきだと誰も言っていませんが、男はピザについて何か知っていますか?ピートの最新のピザ関連のレビューをチェックしました。ニューヨークはフォルセラやスタリータで紹介されているような揚げたネオポリタンピザを試す場所ではないかもしれないと彼が言ったとき、私は彼に同意しました。開店前にフォルセラの揚げモンタナラを「ゼッポレピザ」と呼んだことを思い出してください。ウェルズは、揚げ物はニューヨークではなくウィスコンシンに属すると宣言して、彼のレビューを要約しました。

ニューヘブンのパイがまだ私のシステムを通り抜けているので、私もニコレッタを非常に疑っていました。私はマイケル・ホワイトがマレア、アイ・フィオリ、モリーニと彼の過去のレストランで頻繁に食事をしたことを大いに賞賛しています。しかし、彼はピザを作ることについて何を知っていましたか?おそらく天国のニューヘブンパイと比較する必要があるためか、または単にポークオンポークが大好きなため、私はニコレッタの「厚切り」ペパロニとフェンネルソーセージ(赤玉ねぎを持って)のカラブリアパイを選びました。彼のイタリア料理の芸術性からそれを知ることは決してありませんが、マイケルホワイトはウィスコンシン州の少年であり、生まれ育ちました。ニコレッタは彼の子供の頃のピザへのオマージュです。ピザが準備されているのを見て、私はさらに疑わしくなりました。

ピートウェルズの気の利いた仕事があったら、私は自分で考えていたでしょう:ウィスコンシンスタイル-ああああ(マイナス1つ星)、シカゴスタイルに隣接する厚い地殻(マイナス1つ星)、ガスオーブン(マイナス1つ星)、パセリ直前アドオン(マイナス1つ星)=ガチョウの卵。私はピザを外に持ち出し、レストランの隣の前かがみに箱を開けて掘り下げました。ペパロニは美味しく、パイを完全に覆うタコのような吸盤を形成する前に持っていたものよりも厚くカットされていました(プラス1スター)。チーズは、ネオポリタンの純粋主義者(プラス1つ星)が好む新鮮なディブファラよりも、フィオルディラテ(おそらくウィスコンシン州の良いもの)で熟成されました。生地は平均的で唇が少し厚めでしたが、たぶん自分で完全に仕上げることができなかったパイに豊富な材料を保持するために必要でした。つまり、4人の普通の人(マイナス1つ星)を簡単に養うことができました。最後に、フェンネルソーセージはチーズの下に隠されていましたが、際立っていました。残り物(プラス1つ星)を処分する前にピザ全体をきれいに拾った、信じられないほどの量のフェンネルが入った巨大な手で引き裂かれた塊。革命的でも、ディファラ、ジョン、パッツィ、ニューヘブンへの脅威でもありませんが、ニコレッタはピート独自のスターシステムを利用して私と一緒に堅実な2つ星を獲得しています。

それで、ウェルズは、ニューヨークで別の種類のピザを試す勇気を持っていたトップシェフをゴミ箱に捨てることによって騒ぎを引き起こしたかったのでしょうか?ウェルズは彼の仲間のアラン・リッチマンからヒントを得ていますか?ウェルズはただの反ウィスコンシンですか?ニコレッタでパイを試してみて、あなたが決めます。


それをチーズサンドイッチと呼ぼう

最近、Food andWine誌のライターであるPeteWellsが、ほとんどの食品ブログを「何百もの無意味なチーズサンドイッチの蛇行」の機会として説明した記事を書きました。 #8221彼はいくつかのブログから引用を文脈から外し、食品ブロガーの間で大きな騒動を引き起こしました。抗議として、チーズサンドイッチデーが誕生しました。

ええと、私はチーズを食べたことがなく、サンドイッチを食べることもめったにないので、私が書いたものがチーズサンドイッチブログと適切に呼ばれるとは思いません。実際、かつて「ラードは私が今まで出会った中で最もエレガントな脂肪だ」と書いたウェルズは、私のブログをチーズサンドイッチのブログよりもはるかに悪いと考えていると確信しています。意識的で栄養価の高いイースト菌を押す、脂肪を恐れる、 豆腐サラダサンドイッチブログ!

他のフードブロガーとの連帯を表現するために豆腐サラダサンドイッチを作るべきだったと思います。彼らはおそらく理解していたでしょう:私はチーズをしません、そして豆腐は本当に大豆チーズです。しかし、違います。私は&#8220a目的意識&#8221を持っていました。それはウェルズがブログに必要だと言っています。私は挑戦に立ち向かい、ビーガン、安っぽい、そして何よりも退屈ではないものを作りたかったのです。

それで私は熱心に仕事に身を投じました。最初に自分で「チーズ」を作りました。次に、自分で全粒粉/サツマイモのフラットブレッドを作りました(グルテンフリーですが、十分な食品制限の下ですでに稼働していないかのようです)。最後にグリルしました。野菜、誰もがビーガン、全粒穀物、グルテンフリーのチーズサンドイッチが野菜を焼いたに違いないことを知っているので!

結局、私のキッチンはピルズベリー・ドーボーイが自発的に爆発したように見えました。鍋は粘着性のある&#8220チーズ&#8221ソースでコーティングされ、ハンドブレンダーとフードプロセッサーはでんぷん質の残留物で固められ、鍋とまな板とサービングボウルはカウンタースペースのあらゆるビットを占めました。私の夫、別名「食器洗い機」は面白がっていませんでした。彼は豆腐サラダを好んだでしょう。 (実際には、彼はより大きな効果を得るために同数の鍋と器具を使用するビビンバを好んだでしょう。)

それで、それはそれだけの価値がありましたか?味はどうでしたか?

悪くはなかった。実際、&#8220cheese&#8221ソースは素晴らしかったです(ただし、W氏は文字通りラードを食べると確信しています)。ローズマリー、ニンニク、バルサミコ酢を使った私の標準的なレシピである野菜は良かったです。パンはもっと良かったかもしれません。実際、私の3つのコンポーネント、ソース、パン、野菜は、実際にはうまくかみ合っていませんでした。今回は自分の目的意識が迷ったのではないかと思います。

これが私がしたことの要約です:

キビ-サツマイモのフラットブレッド

中サツマイモを1つ調理してつぶしました。キビ粉約3/4カップ、大さじ3を追加しました。コーンスターチ、小さじ1/2。塩。フードプロセッサーでこねて、平らなパンに丸めてフライパンに入れようとしましたが、バラバラになりました。 1 / 4〜1 / 2カップの水と小さじ1/2のフードプロセッサーに戻します。重曹。それを熱いフライパンにスプーンで入れ、完了するまで両側で調理しました。 (次回は、クミンを追加して、これをインド料理の添え物として提供します。ラップとして使用するのに十分な大きさではありませんでした。)

野菜:

なす、ズッキーニ、赤ピーマン、玉ねぎ、ポルタベラマッシュルームをこのように焼きました。

モッツァレラチーズ風チーズ

水1カップ
1/4カップの栄養酵母
コーンスターチ大さじ2
レモン汁小さじ2
小さじ1/2の塩
ガーリックパウダー小さじ1/4
オニオンパウダー小さじ1/2
カシューバター大さじ1

滑らかになるまでハンドブレンダーですべての材料をブレンドします。混合物を小さな鍋に注ぎ、中火で濃くなり始めるまでかき混ぜ、30秒間泡立たせます。激しく泡だて器で泡立てます。 2 T豆乳(または水)を泡だて器で入れます。野菜や他の食べ物の上にすぐに小雨を降らせます。 (長時間放置すると、もう一度ブレンドする必要があります。)ビーガンのほとんど無脂肪のチーズの場合、これは本当の勝者でした。私は将来、このレシピを使用して、娘の愛するMacとCheezeを作成します。

ですから、退屈しないようにすることが重要であることに同意します。しかし、食品雑誌のライターは、食品ブログで興味深いものの最終的な決定者ではありません。あなたが料理や食事をしていることについて毎日書くとき、あなたはいつか誰かを退屈させる可能性があります。重要なのは、あなたが書いていることを愛し、それを書くことを楽しむことです。あなたのアイデアやレシピを高く評価する人々はあなたを見つけ、退屈な部分を通してあなたに固執するでしょう。

それはウェルズ氏が理解していなかったことです。1行、1段落、または1つのエントリに基づいてブログを評価することはできません。あなたはそれが共有する知識体系全体、その作家の特定の声、そしてその読者の反応を見る必要があります。先月このブログを始めたばかりなので、まだ自分の声を見つけています。派手なフードライターが退屈だと思った他のブログがあれば、私は周りにいることを願っています。

そして今、私は料理に戻らなければなりません。私は夫にビビンバを借りていると思います!


それをチーズサンドイッチと呼ぼう

最近、Food andWine誌のライターであるPeteWellsが、ほとんどの食品ブログを「何百もの無意味なチーズサンドイッチの蛇行」の機会として説明した記事を書きました。 #8221彼はいくつかのブログから引用を文脈から外し、食品ブロガーの間で大きな騒動を引き起こしました。抗議として、チーズサンドイッチデーが誕生しました。

ええと、私はチーズを食べたことがなく、サンドイッチを食べることもめったにないので、私が書いたものがチーズサンドイッチブログと適切に呼ばれるとは思いません。実際、かつて「ラードは私が今まで出会った中で最もエレガントな脂肪だ」と書いたウェルズは、私のブログをチーズサンドイッチのブログよりもはるかに悪いと考えていると確信しています。意識的で栄養価の高いイースト菌を押す、脂肪を恐れる、 豆腐サラダサンドイッチブログ!

他のフードブロガーとの連帯を表現するために豆腐サラダサンドイッチを作るべきだったと思います。彼らはおそらく理解していたでしょう:私はチーズをしません、そして豆腐は本当に大豆チーズです。しかし、違います。私は&#8220a目的意識&#8221を持っていました。それはウェルズがブログに必要だと言っています。私は挑戦に立ち向かい、ビーガン、安っぽい、そして何よりも退屈ではないものを作りたかったのです。

それで私は熱心に仕事に身を投じました。最初に自分で「チーズ」を作りました。次に、自分で全粒粉/サツマイモのフラットブレッドを作りました(グルテンフリーですが、十分な食品制限の下ですでに稼働していないかのようです)。最後にグリルしました。野菜、誰もがビーガン、全粒穀物、グルテンフリーのチーズサンドイッチが野菜を焼いたに違いないことを知っているので!

結局、私のキッチンはピルズベリー・ドーボーイが自発的に爆発したように見えました。鍋は粘着性のある&#8220チーズ&#8221ソースでコーティングされ、ハンドブレンダーとフードプロセッサーはでんぷん質の残留物で固められ、鍋とまな板とサービングボウルはカウンタースペースのあらゆるビットを占めました。私の夫、別名「食器洗い機」は面白がっていませんでした。彼は豆腐サラダを好んだでしょう。 (実際には、彼はより大きな効果を得るために同数の鍋と器具を使用するビビンバを好んだでしょう。)

それで、それはそれだけの価値がありましたか?味はどうでしたか?

悪くはなかった。実際、&#8220cheese&#8221ソースは素晴らしかったです(ただし、W氏は文字通りラードを食べると確信しています)。ローズマリー、ニンニク、バルサミコ酢を使った私の標準的なレシピである野菜は良かったです。パンはもっと良かったかもしれません。実際、私の3つのコンポーネント、ソース、パン、野菜は、実際にはうまくかみ合っていませんでした。今回は自分の目的意識が迷ったのではないかと思います。

これが私がしたことの要約です:

キビ-サツマイモのフラットブレッド

中サツマイモを1つ調理してつぶしました。キビ粉約3/4カップ、大さじ3を追加しました。コーンスターチ、小さじ1/2。塩。フードプロセッサーでこねて、平らなパンに丸めてフライパンに入れようとしましたが、バラバラになりました。 1 / 4〜1 / 2カップの水と小さじ1/2のフードプロセッサーに戻します。重曹。それを熱いフライパンにスプーンで入れ、完了するまで両側で調理しました。 (次回は、クミンを追加して、これをインド料理の添え物として提供します。ラップとして使用するのに十分な大きさではありませんでした。)

野菜:

なす、ズッキーニ、赤ピーマン、玉ねぎ、ポルタベラマッシュルームをこのように焼きました。

モッツァレラチーズ風チーズ

水1カップ
1/4カップの栄養酵母
コーンスターチ大さじ2
レモン汁小さじ2
小さじ1/2の塩
ガーリックパウダー小さじ1/4
オニオンパウダー小さじ1/2
カシューバター大さじ1

滑らかになるまでハンドブレンダーですべての材料をブレンドします。混合物を小さな鍋に注ぎ、中火で濃くなり始めるまでかき混ぜ、30秒間泡立てます。激しく泡だて器で泡立てます。 2 T豆乳(または水)を泡だて器で入れます。野菜や他の食べ物の上にすぐに小雨を降らせます。 (長時間放置すると、もう一度ブレンドする必要があります。)ビーガンのほとんど無脂肪のチーズの場合、これは本当の勝者でした。私は将来、このレシピを使用して、娘の愛するMacとCheezeを作成します。

ですから、退屈しないようにすることが重要であることに同意します。しかし、食品雑誌のライターは、食品ブログで興味深いものの最終的な決定者ではありません。あなたが料理や食事をしていることについて毎日書くとき、あなたはいつか誰かを退屈させる可能性があります。重要なのは、あなたが書いていることを愛し、それを書くことを楽しむことです。あなたのアイデアやレシピを高く評価する人々はあなたを見つけ、退屈な部分を通してあなたに固執するでしょう。

それはウェルズ氏が理解していなかったことです。1行、1段落、または1つのエントリに基づいてブログを評価することはできません。あなたはそれが共有する知識体系全体、その作家の特定の声、そしてその読者の反応を見る必要があります。先月このブログを始めたばかりなので、まだ自分の声を見つけています。派手なフードライターが退屈だと思った他のブログがあれば、私は周りにいることを願っています。

そして今、私は料理に戻らなければなりません。私は夫にビビンバを借りていると思います!


それをチーズサンドイッチと呼ぼう

最近、Food andWine誌のライターであるPeteWellsが、ほとんどの食品ブログを「何百もの無意味なチーズサンドイッチの蛇行」の機会として説明した記事を書きました。 #8221彼はいくつかのブログから引用を文脈から外し、食品ブロガーの間で大きな騒動を引き起こしました。抗議として、チーズサンドイッチデーが誕生しました。

ええと、私はチーズを食べたことがなく、サンドイッチを食べることもめったにないので、私が書いたものがチーズサンドイッチブログと適切に呼ばれるとは思いません。実際、かつて「ラードは私が今まで出会った中で最もエレガントな脂肪だ」と書いたウェルズは、私のブログをチーズサンドイッチのブログよりもはるかに悪いと考えていると確信しています。意識的で栄養価の高いイースト菌を押す、脂肪を恐れる、 豆腐サラダサンドイッチブログ!

他のフードブロガーとの連帯を表現するために豆腐サラダサンドイッチを作るべきだったと思います。彼らはおそらく理解していたでしょう:私はチーズをしません、そして豆腐は本当に大豆チーズです。しかし、違います。私は&#8220a目的意識&#8221を持っていました。それはウェルズがブログに必要だと言っています。私は挑戦に立ち向かい、ビーガン、安っぽい、そして何よりも退屈ではないものを作りたかったのです。

それで私は熱心に仕事に身を投じました。最初に自分で「チーズ」を作りました。次に、自分で全粒粉/サツマイモのフラットブレッドを作りました(グルテンフリーですが、十分な食品制限の下ですでに稼働していないかのようです)。最後にグリルしました。野菜、誰もがビーガン、全粒穀物、グルテンフリーのチーズサンドイッチが野菜を焼いたに違いないことを知っているので!

結局、私のキッチンはピルズベリー・ドーボーイが自発的に爆発したように見えました。鍋は粘着性のある&#8220チーズ&#8221ソースでコーティングされ、ハンドブレンダーとフードプロセッサーはでんぷん質の残留物で固められ、鍋とまな板とサービングボウルはカウンタースペースのあらゆるビットを占めました。私の夫、別名「食器洗い機」は面白がっていませんでした。彼は豆腐サラダを好んだでしょう。 (実際には、彼はより大きな効果を得るために同数の鍋と器具を使用するビビンバを好んだでしょう。)

それで、それはそれだけの価値がありましたか?味はどうでしたか?

悪くはなかった。実際、&#8220cheese&#8221ソースは素晴らしかったです(ただし、W氏は文字通りラードを食べると確信しています)。ローズマリー、ニンニク、バルサミコ酢を使った私の標準的なレシピである野菜は良かったです。パンはもっと良かったかもしれません。実際、私の3つのコンポーネント、ソース、パン、野菜は、実際にはうまくかみ合っていませんでした。今回は自分の目的意識が迷ったのではないかと思います。

これが私がしたことの要約です:

キビ-サツマイモのフラットブレッド

中サツマイモを1つ調理してつぶしました。キビ粉約3/4カップ、大さじ3を追加しました。コーンスターチ、小さじ1/2。塩。フードプロセッサーでこねて、平らなパンに丸めてフライパンに入れようとしましたが、バラバラになりました。 1 / 4〜1 / 2カップの水と小さじ1/2のフードプロセッサーに戻します。重曹。それを熱いフライパンにスプーンで入れ、完了するまで両側で調理しました。 (次回は、クミンを追加して、これをインド料理の添え物として提供します。ラップとして使用するのに十分な大きさではありませんでした。)

野菜:

なす、ズッキーニ、赤ピーマン、玉ねぎ、ポルタベラマッシュルームをこのように焼きました。

モッツァレラチーズ風チーズ

水1カップ
1/4カップの栄養酵母
コーンスターチ大さじ2
レモン汁小さじ2
小さじ1/2の塩
ガーリックパウダー小さじ1/4
オニオンパウダー小さじ1/2
カシューバター大さじ1

滑らかになるまでハンドブレンダーですべての材料をブレンドします。混合物を小さな鍋に注ぎ、中火で濃くなり始めるまでかき混ぜ、30秒間泡立てます。激しく泡だて器で泡立てます。 2 T豆乳(または水)を泡だて器で入れます。野菜や他の食べ物の上にすぐに小雨を降らせます。 (長時間放置すると、もう一度ブレンドする必要があります。)ビーガンのほとんど無脂肪のチーズの場合、これは本当の勝者でした。私は将来、このレシピを使用して、娘の愛するMacとCheezeを作成します。

ですから、退屈しないようにすることが重要であることに同意します。しかし、食品雑誌のライターは、食品ブログで興味深いものの最終的な決定者ではありません。あなたが料理や食事をしていることについて毎日書くとき、あなたはいつか誰かを退屈させる可能性があります。重要なのは、あなたが書いていることを愛し、それを書くことを楽しむことです。あなたのアイデアやレシピを高く評価する人々はあなたを見つけ、退屈な部分を通してあなたに固執するでしょう。

それはウェルズ氏が理解していなかったことです。1行、1段落、または1つのエントリに基づいてブログを評価することはできません。あなたはそれが共有する知識体系全体、その作家の特定の声、そしてその読者の反応を見る必要があります。先月このブログを始めたばかりなので、まだ自分の声を見つけています。派手なフードライターが退屈だと思った他のブログがあれば、私は周りにいることを願っています。

そして今、私は料理に戻らなければなりません。私は夫にビビンバを借りていると思います!


それをチーズサンドイッチと呼ぼう

最近、Food andWine誌のライターであるPeteWellsが、ほとんどの食品ブログを「何百もの無意味なチーズサンドイッチの蛇行」の機会として説明した記事を書きました。 #8221彼はいくつかのブログから引用を文脈から外し、食品ブロガーの間で大きな騒動を引き起こしました。抗議として、チーズサンドイッチデーが誕生しました。

ええと、私はチーズを食べたことがなく、サンドイッチを食べることもめったにないので、私が書いたものがチーズサンドイッチブログと適切に呼ばれるとは思いません。実際、かつて「ラードは私が今まで出会った中で最もエレガントな脂肪だ」と書いたウェルズは、私のブログをチーズサンドイッチのブログよりもはるかに悪いと考えていると確信しています。意識的で栄養価の高いイースト菌を押す、脂肪を恐れる、 豆腐サラダサンドイッチブログ!

他のフードブロガーとの連帯を表現するために豆腐サラダサンドイッチを作るべきだったと思います。彼らはおそらく理解していたでしょう:私はチーズをしません、そして豆腐は本当に大豆チーズです。しかし、違います。私は&#8220a目的意識&#8221を持っていました。それはウェルズがブログに必要だと言っています。私は挑戦に立ち向かい、ビーガン、安っぽい、そして何よりも退屈ではないものを作りたかったのです。

それで私は熱心に仕事に身を投じました。最初に自分で「チーズ」を作りました。次に、自分で全粒粉/サツマイモのフラットブレッドを作りました(グルテンフリーですが、十分な食品制限の下ですでに稼働していないかのようです)。最後にグリルしました。野菜、誰もがビーガン、全粒穀物、グルテンフリーのチーズサンドイッチが野菜を焼いたに違いないことを知っているので!

結局、私のキッチンはピルズベリー・ドーボーイが自発的に爆発したように見えました。鍋は粘着性のある&#8220チーズ&#8221ソースでコーティングされ、ハンドブレンダーとフードプロセッサーはでんぷん質の残留物で固められ、鍋とまな板とサービングボウルはカウンタースペースのあらゆるビットを占めました。私の夫、別名「食器洗い機」は面白がっていませんでした。彼は豆腐サラダを好んだでしょう。 (実際には、彼はより大きな効果を得るために同数の鍋と器具を使用するビビンバを好んだでしょう。)

それで、それはそれだけの価値がありましたか?味はどうでしたか?

悪くはなかった。実際、&#8220cheese&#8221ソースは素晴らしかったです(ただし、W氏は文字通りラードを食べると確信しています)。ローズマリー、ニンニク、バルサミコ酢を使った私の標準的なレシピである野菜は良かったです。パンはもっと良かったかもしれません。実際、私の3つのコンポーネント、ソース、パン、野菜は、実際にはうまくかみ合っていませんでした。今回は自分の目的意識が迷ったのではないかと思います。

これが私がしたことの要約です:

キビ-サツマイモのフラットブレッド

中サツマイモを1つ調理してつぶしました。キビ粉約3/4カップ、大さじ3を追加しました。コーンスターチ、小さじ1/2。塩。フードプロセッサーでこねて、平らなパンに丸めてフライパンに入れようとしましたが、バラバラになりました。 1 / 4〜1 / 2カップの水と小さじ1/2のフードプロセッサーに戻します。重曹。それを熱いフライパンにスプーンで入れ、完了するまで両側で調理しました。 (次回は、クミンを追加して、これをインド料理の添え物として提供します。ラップとして使用するのに十分な大きさではありませんでした。)

野菜:

なす、ズッキーニ、赤ピーマン、玉ねぎ、ポルタベラマッシュルームをこのように焼きました。

モッツァレラチーズ風チーズ

水1カップ
1/4カップの栄養酵母
コーンスターチ大さじ2
レモン汁小さじ2
小さじ1/2の塩
ガーリックパウダー小さじ1/4
オニオンパウダー小さじ1/2
カシューバター大さじ1

滑らかになるまでハンドブレンダーですべての材料をブレンドします。混合物を小さな鍋に注ぎ、中火で濃くなり始めるまでかき混ぜ、30秒間泡立たせます。激しく泡だて器で泡立てます。 2 T豆乳(または水)を泡だて器で入れます。野菜や他の食べ物の上にすぐに小雨を降らせます。 (長時間放置すると、もう一度ブレンドする必要があります。)ビーガンのほとんど無脂肪のチーズの場合、これは本当の勝者でした。私は将来、このレシピを使用して、娘の愛するMacとCheezeを作成します。

ですから、退屈しないようにすることが重要であることに同意します。しかし、食品雑誌のライターは、食品ブログで興味深いものの最終的な決定者ではありません。あなたが料理や食事をしていることについて毎日書くとき、あなたはいつか誰かを退屈させる可能性があります。重要なのは、あなたが書いていることを愛し、それを書くことを楽しむことです。あなたのアイデアやレシピを高く評価する人々はあなたを見つけ、退屈な部分を通してあなたに固執するでしょう。

それはウェルズ氏が理解していなかったことです。1行、1段落、または1つのエントリに基づいてブログを評価することはできません。あなたはそれが共有する知識体系全体、その作家の特定の声、そしてその読者の反応を見る必要があります。先月このブログを始めたばかりなので、まだ自分の声を見つけています。派手なフードライターが退屈だと思った他のブログがあれば、私は周りにいることを願っています。

そして今、私は料理に戻らなければなりません。私は夫にビビンバを借りていると思います!


それをチーズサンドイッチと呼ぼう

最近、Food andWine誌のライターであるPeteWellsが、ほとんどの食品ブログを「何百もの無意味なチーズサンドイッチの蛇行」の機会として説明した記事を書きました。 #8221彼はいくつかのブログから引用を文脈から外し、食品ブロガーの間で大きな騒動を引き起こしました。抗議として、チーズサンドイッチデーが誕生しました。

ええと、私はチーズを食べたことがなく、サンドイッチを食べることもめったにないので、私が書いたものがチーズサンドイッチブログと適切に呼ばれるとは思いません。実際、かつて「ラードは私が今まで出会った中で最もエレガントな脂肪だ」と書いたウェルズは、私のブログをチーズサンドイッチのブログよりもはるかに悪いと考えていると確信しています。意識的で栄養価の高いイースト菌を押す、脂肪を恐れる、 豆腐サラダサンドイッチブログ!

他のフードブロガーとの連帯を表現するために豆腐サラダサンドイッチを作るべきだったと思います。彼らはおそらく理解していたでしょう:私はチーズをしません、そして豆腐は本当に大豆チーズです。しかし、違います。私は&#8220a目的意識&#8221を持っていました。それはウェルズがブログに必要だと言っています。私は挑戦に立ち向かい、ビーガン、安っぽい、そして何よりも退屈ではないものを作りたかったのです。

それで私は熱心に仕事に身を投じました。最初に自分で「チーズ」を作りました。次に、自分で全粒粉/サツマイモのフラットブレッドを作りました(グルテンフリーですが、十分な食品制限の下ですでに稼働していないかのようです)。最後にグリルしました。野菜、誰もがビーガン、全粒穀物、グルテンフリーのチーズサンドイッチが野菜を焼いたに違いないことを知っているので!

結局、私のキッチンはピルズベリー・ドーボーイが自発的に爆発したように見えました。鍋は粘着性のある&#8220チーズ&#8221ソースでコーティングされ、ハンドブレンダーとフードプロセッサーはでんぷん質の残留物で固められ、鍋とまな板とサービングボウルはカウンタースペースのあらゆるビットを占めました。私の夫、別名「食器洗い機」は面白がっていませんでした。彼は豆腐サラダを好んだでしょう。 (実際には、彼はより大きな効果を得るために同数の鍋と器具を使用するビビンバを好んだでしょう。)

それで、それはそれだけの価値がありましたか?味はどうでしたか?

悪くはなかった。実際、&#8220cheese&#8221ソースは素晴らしかったです(ただし、W氏は文字通りラードを食べると確信しています)。ローズマリー、ニンニク、バルサミコ酢を使った私の標準的なレシピである野菜は良かったです。パンはもっと良かったかもしれません。実際、私の3つのコンポーネント、ソース、パン、野菜は、実際にはうまくかみ合っていませんでした。今回は自分の目的意識が迷ったのではないかと思います。

これが私がしたことの要約です:

キビ-サツマイモのフラットブレッド

中サツマイモを1つ調理してつぶしました。キビ粉約3/4カップ、大さじ3を追加しました。コーンスターチ、小さじ1/2。塩。フードプロセッサーでこねて、平らなパンに丸めてフライパンに入れようとしましたが、バラバラになりました。 1 / 4〜1 / 2カップの水と小さじ1/2のフードプロセッサーに戻します。重曹。それを熱いフライパンにスプーンで入れ、完了するまで両側で調理しました。 (次回は、クミンを追加して、これをインド料理の添え物として提供します。ラップとして使用するのに十分な大きさではありませんでした。)

野菜:

なす、ズッキーニ、赤ピーマン、玉ねぎ、ポルタベラマッシュルームをこのように焼きました。

モッツァレラチーズ風チーズ

水1カップ
1/4カップの栄養酵母
コーンスターチ大さじ2
レモン汁小さじ2
小さじ1/2の塩
ガーリックパウダー小さじ1/4
オニオンパウダー小さじ1/2
カシューバター大さじ1

滑らかになるまでハンドブレンダーですべての材料をブレンドします。混合物を小さな鍋に注ぎ、中火で濃くなり始めるまでかき混ぜ、30秒間泡立たせます。激しく泡だて器で泡立てます。 2 T豆乳(または水)を泡だて器で入れます。野菜や他の食べ物の上にすぐに小雨を降らせます。 (長時間放置すると、もう一度ブレンドする必要があります。)ビーガンのほとんど無脂肪のチーズの場合、これは本当の勝者でした。私は将来、このレシピを使用して、娘の愛するMacとCheezeを作成します。

ですから、退屈しないようにすることが重要であることに同意します。しかし、食品雑誌のライターは、食品ブログで興味深いものの最終的な決定者ではありません。あなたが料理や食事をしていることについて毎日書くとき、あなたはいつか誰かを退屈させる可能性があります。重要なのは、あなたが書いていることを愛し、それを書くことを楽しむことです。あなたのアイデアやレシピを高く評価する人々はあなたを見つけ、退屈な部分を通してあなたに固執するでしょう。

それはウェルズ氏が理解していなかったことです。1行、1段落、または1つのエントリに基づいてブログを評価することはできません。あなたはそれが共有する知識体系全体、その作家の特定の声、そしてその読者の反応を見る必要があります。先月このブログを始めたばかりなので、まだ自分の声を見つけています。派手なフードライターが退屈だと思った他のブログがあれば、私は周りにいることを願っています。

そして今、私は料理に戻らなければなりません。私は夫にビビンバを借りていると思います!


それをチーズサンドイッチと呼ぼう

最近、Food andWine誌のライターであるPeteWellsが、ほとんどの食品ブログを「何百もの無意味なチーズサンドイッチの蛇行」の機会として説明した記事を書きました。 #8221彼はいくつかのブログから引用を文脈から外し、食品ブロガーの間で大きな騒動を引き起こしました。抗議として、チーズサンドイッチデーが誕生しました。

ええと、私はチーズを食べたことがなく、サンドイッチを食べることもめったにないので、私が書いたものがチーズサンドイッチブログと適切に呼ばれるとは思いません。実際、かつて「ラードは私が今まで出会った中で最もエレガントな脂肪だ」と書いたウェルズは、私のブログをチーズサンドイッチのブログよりもはるかに悪いと考えていると確信しています。意識的で栄養価の高いイースト菌を押す、脂肪を恐れる、 豆腐サラダサンドイッチブログ!

他のフードブロガーとの連帯を表現するために豆腐サラダサンドイッチを作るべきだったと思います。彼らはおそらく理解していたでしょう:私はチーズをしません、そして豆腐は本当に大豆チーズです。しかし、違います。私は&#8220a目的意識&#8221を持っていました。それはウェルズがブログに必要だと言っています。私は挑戦に立ち向かい、ビーガン、安っぽい、そして何よりも退屈ではないものを作りたかったのです。

それで私は熱心に仕事に身を投じました。最初に自分で「チーズ」を作りました。次に、自分で全粒粉/サツマイモのフラットブレッドを作りました(グルテンフリーですが、十分な食品制限の下ですでに稼働していないかのようです)。最後にグリルしました。野菜、誰もがビーガン、全粒穀物、グルテンフリーのチーズサンドイッチが野菜を焼いたに違いないことを知っているので!

結局、私のキッチンはピルズベリー・ドーボーイが自発的に爆発したように見えました。鍋は粘着性のある&#8220チーズ&#8221ソースでコーティングされ、ハンドブレンダーとフードプロセッサーはでんぷん質の残留物で固められ、鍋とまな板とサービングボウルはカウンタースペースのあらゆるビットを占めました。私の夫、別名「食器洗い機」は面白がっていませんでした。彼は豆腐サラダを好んだでしょう。 (実際には、彼はより大きな効果を得るために同数の鍋と器具を使用するビビンバを好んだでしょう。)

それで、それはそれだけの価値がありましたか? How did it taste?

It wasn’t bad. Actually, the “cheese” sauce was great (though I’m sure Mr. W. would quite literally rather eat lard). The vegetables, my standard recipe using rosemary, garlic, and balsamic vinegar, were good. The bread could have been better. In fact, my three components, sauce, bread, and vegetables, didn’t really mesh well together. I think my sense of purpose may have led me astray this time.

Here’s the rundown on what I did:

Millet-Sweet Potato Flatbread

I cooked one medium sweet potato and mashed it. Added about 3/4 cup of millet flour, 3 tbsp. corn starch, and 1/2 tsp.塩。 Tried to knead it in the food processor, tried to roll it into a flat bread and put it in a skillet, but it fell apart. Put it back into the food processor with 1/4 to 1/2 cup water and 1/2 tsp.重曹。 Spooned it into a hot skillet and cooked it on both sides until done. (Next time, I’ll add some cumin and serve this as an accompaniment to Indian foods. It wasn’t really large enough to use as a wrap.)

The Vegetables:

Eggplant, zucchini, red bell pepper, onion, portabella mushrooms grilled like this.

Mozzarella-Style Cheeze

水1カップ
1/4 cup nutritional yeast
2 Tablespoons cornstarch
レモン汁小さじ2
小さじ1/2の塩
ガーリックパウダー小さじ1/4
オニオンパウダー小さじ1/2
1 tablespoon cashew butter

Blend all the ingredients with a hand blender until smooth. Pour the mixture into a small sauce pan, and stir over medium heat until it starts to thicken, then let it bubble for 30 seconds. Whisk vigorously. Whisk in 2 T soymilk (or water). Drizzle immediately over vegetables or other food. (If you let it sit too long, you’ll have to blend it again.) For vegan, almost fat-free cheeze, this was a real winner. I will be using this recipe in the future to make my daughter’s beloved Mac and Cheeze.

So… I agree that it’s important to try not to be boring. But a writer from a food magazine is not the final arbiter of what’s interesting in a food blog. When you write day after day about what you’re cooking or eating, chances are you’re going to bore someone sometime. What’s important is to love what you’re writing about, and enjoy writing it. People who appreciate your ideas and recipes will find you and stick with you through the boring parts.

That’s what Mr. Wells didn’t understand: you can’t evaluate a blog based on one line, one paragraph, or one entry. You have to look at its entirety–the body of knowledge it shares, the particular voice of its writer, and the responses of its readers. I just started this blog last month, so I’m still finding my voice. I just hope I’m around as long as some of the other blogs that fancy food writer found boring.

And now I must get back to cooking. I think I owe my husband some bibimbab!


Let’s Call it a Cheese Sandwich

Recently Pete Wells, a writer for Food and Wine magazine, wrote an article that described most food blogs as opportunities for “hundreds of pointless cheese-sandwich meanderings.” To illustrate what he considers a boring “cheese sandwich blog,” he pulled quotes out of context from several blogs and caused a big stir among food bloggers. As a protest, Cheese Sandwich Day was born.

Well, I never eat cheese, and I rarely eat sandwiches, so I don’t think what I write could properly be called a cheese sandwich blog. In fact, I’m sure that Wells, a guy who once wrote that “lard is the most elegant fat I’ve ever met,” would consider my blog something much worse than a cheese sandwich blog: a freakishly health-conscious, nutritional yeast-pushing, fat-fearing, tofu salad sandwich blog!

I guess I should have made a tofu salad sandwich to express my solidarity with other food bloggers. They probably would have understood: I don’t do cheese, and tofu is really soy cheese. But no. I had “a sense of purpose,” which Wells says a blog needs. I wanted to rise to the challenge and make something vegan, something cheesy, and most of all, something not boring.

So I threw myself into the task with zeal. First I made my own “cheese.” Then I made my own whole-grain/sweet potato flatbread (gluten-free, even, as though I don’t already operate under enough food restrictions.) And finally I grilled my vegetables, because everyone knows a vegan, whole-grain, gluten-free cheese sandwich must have grilled vegetables!

In the end, my kitchen looked like the Pillsbury Doughboy had spontaneously exploded. Pots were coated with sticky “cheese” sauce, hand blender and food processor were caked with starchy residue, pans and cutting boards and serving bowls took up every bit of counter space. My husband, AKA “the dishwasher,” was not amused. He would have preferred tofu salad. (Actually, he would have preferred bibimbab, which uses an equal number of pots and appliances to greater effect.)

So, was it worth it? How did it taste?

It wasn’t bad. Actually, the “cheese” sauce was great (though I’m sure Mr. W. would quite literally rather eat lard). The vegetables, my standard recipe using rosemary, garlic, and balsamic vinegar, were good. The bread could have been better. In fact, my three components, sauce, bread, and vegetables, didn’t really mesh well together. I think my sense of purpose may have led me astray this time.

Here’s the rundown on what I did:

Millet-Sweet Potato Flatbread

I cooked one medium sweet potato and mashed it. Added about 3/4 cup of millet flour, 3 tbsp. corn starch, and 1/2 tsp.塩。 Tried to knead it in the food processor, tried to roll it into a flat bread and put it in a skillet, but it fell apart. Put it back into the food processor with 1/4 to 1/2 cup water and 1/2 tsp.重曹。 Spooned it into a hot skillet and cooked it on both sides until done. (Next time, I’ll add some cumin and serve this as an accompaniment to Indian foods. It wasn’t really large enough to use as a wrap.)

The Vegetables:

Eggplant, zucchini, red bell pepper, onion, portabella mushrooms grilled like this.

Mozzarella-Style Cheeze

水1カップ
1/4 cup nutritional yeast
2 Tablespoons cornstarch
レモン汁小さじ2
小さじ1/2の塩
ガーリックパウダー小さじ1/4
オニオンパウダー小さじ1/2
1 tablespoon cashew butter

Blend all the ingredients with a hand blender until smooth. Pour the mixture into a small sauce pan, and stir over medium heat until it starts to thicken, then let it bubble for 30 seconds. Whisk vigorously. Whisk in 2 T soymilk (or water). Drizzle immediately over vegetables or other food. (If you let it sit too long, you’ll have to blend it again.) For vegan, almost fat-free cheeze, this was a real winner. I will be using this recipe in the future to make my daughter’s beloved Mac and Cheeze.

So… I agree that it’s important to try not to be boring. But a writer from a food magazine is not the final arbiter of what’s interesting in a food blog. When you write day after day about what you’re cooking or eating, chances are you’re going to bore someone sometime. What’s important is to love what you’re writing about, and enjoy writing it. People who appreciate your ideas and recipes will find you and stick with you through the boring parts.

That’s what Mr. Wells didn’t understand: you can’t evaluate a blog based on one line, one paragraph, or one entry. You have to look at its entirety–the body of knowledge it shares, the particular voice of its writer, and the responses of its readers. I just started this blog last month, so I’m still finding my voice. I just hope I’m around as long as some of the other blogs that fancy food writer found boring.

And now I must get back to cooking. I think I owe my husband some bibimbab!


Let’s Call it a Cheese Sandwich

Recently Pete Wells, a writer for Food and Wine magazine, wrote an article that described most food blogs as opportunities for “hundreds of pointless cheese-sandwich meanderings.” To illustrate what he considers a boring “cheese sandwich blog,” he pulled quotes out of context from several blogs and caused a big stir among food bloggers. As a protest, Cheese Sandwich Day was born.

Well, I never eat cheese, and I rarely eat sandwiches, so I don’t think what I write could properly be called a cheese sandwich blog. In fact, I’m sure that Wells, a guy who once wrote that “lard is the most elegant fat I’ve ever met,” would consider my blog something much worse than a cheese sandwich blog: a freakishly health-conscious, nutritional yeast-pushing, fat-fearing, tofu salad sandwich blog!

I guess I should have made a tofu salad sandwich to express my solidarity with other food bloggers. They probably would have understood: I don’t do cheese, and tofu is really soy cheese. But no. I had “a sense of purpose,” which Wells says a blog needs. I wanted to rise to the challenge and make something vegan, something cheesy, and most of all, something not boring.

So I threw myself into the task with zeal. First I made my own “cheese.” Then I made my own whole-grain/sweet potato flatbread (gluten-free, even, as though I don’t already operate under enough food restrictions.) And finally I grilled my vegetables, because everyone knows a vegan, whole-grain, gluten-free cheese sandwich must have grilled vegetables!

In the end, my kitchen looked like the Pillsbury Doughboy had spontaneously exploded. Pots were coated with sticky “cheese” sauce, hand blender and food processor were caked with starchy residue, pans and cutting boards and serving bowls took up every bit of counter space. My husband, AKA “the dishwasher,” was not amused. He would have preferred tofu salad. (Actually, he would have preferred bibimbab, which uses an equal number of pots and appliances to greater effect.)

So, was it worth it? How did it taste?

It wasn’t bad. Actually, the “cheese” sauce was great (though I’m sure Mr. W. would quite literally rather eat lard). The vegetables, my standard recipe using rosemary, garlic, and balsamic vinegar, were good. The bread could have been better. In fact, my three components, sauce, bread, and vegetables, didn’t really mesh well together. I think my sense of purpose may have led me astray this time.

Here’s the rundown on what I did:

Millet-Sweet Potato Flatbread

I cooked one medium sweet potato and mashed it. Added about 3/4 cup of millet flour, 3 tbsp. corn starch, and 1/2 tsp.塩。 Tried to knead it in the food processor, tried to roll it into a flat bread and put it in a skillet, but it fell apart. Put it back into the food processor with 1/4 to 1/2 cup water and 1/2 tsp.重曹。 Spooned it into a hot skillet and cooked it on both sides until done. (Next time, I’ll add some cumin and serve this as an accompaniment to Indian foods. It wasn’t really large enough to use as a wrap.)

The Vegetables:

Eggplant, zucchini, red bell pepper, onion, portabella mushrooms grilled like this.

Mozzarella-Style Cheeze

水1カップ
1/4 cup nutritional yeast
2 Tablespoons cornstarch
レモン汁小さじ2
小さじ1/2の塩
ガーリックパウダー小さじ1/4
オニオンパウダー小さじ1/2
1 tablespoon cashew butter

Blend all the ingredients with a hand blender until smooth. Pour the mixture into a small sauce pan, and stir over medium heat until it starts to thicken, then let it bubble for 30 seconds. Whisk vigorously. Whisk in 2 T soymilk (or water). Drizzle immediately over vegetables or other food. (If you let it sit too long, you’ll have to blend it again.) For vegan, almost fat-free cheeze, this was a real winner. I will be using this recipe in the future to make my daughter’s beloved Mac and Cheeze.

So… I agree that it’s important to try not to be boring. But a writer from a food magazine is not the final arbiter of what’s interesting in a food blog. When you write day after day about what you’re cooking or eating, chances are you’re going to bore someone sometime. What’s important is to love what you’re writing about, and enjoy writing it. People who appreciate your ideas and recipes will find you and stick with you through the boring parts.

That’s what Mr. Wells didn’t understand: you can’t evaluate a blog based on one line, one paragraph, or one entry. You have to look at its entirety–the body of knowledge it shares, the particular voice of its writer, and the responses of its readers. I just started this blog last month, so I’m still finding my voice. I just hope I’m around as long as some of the other blogs that fancy food writer found boring.

And now I must get back to cooking. I think I owe my husband some bibimbab!


Let’s Call it a Cheese Sandwich

Recently Pete Wells, a writer for Food and Wine magazine, wrote an article that described most food blogs as opportunities for “hundreds of pointless cheese-sandwich meanderings.” To illustrate what he considers a boring “cheese sandwich blog,” he pulled quotes out of context from several blogs and caused a big stir among food bloggers. As a protest, Cheese Sandwich Day was born.

Well, I never eat cheese, and I rarely eat sandwiches, so I don’t think what I write could properly be called a cheese sandwich blog. In fact, I’m sure that Wells, a guy who once wrote that “lard is the most elegant fat I’ve ever met,” would consider my blog something much worse than a cheese sandwich blog: a freakishly health-conscious, nutritional yeast-pushing, fat-fearing, tofu salad sandwich blog!

I guess I should have made a tofu salad sandwich to express my solidarity with other food bloggers. They probably would have understood: I don’t do cheese, and tofu is really soy cheese. But no. I had “a sense of purpose,” which Wells says a blog needs. I wanted to rise to the challenge and make something vegan, something cheesy, and most of all, something not boring.

So I threw myself into the task with zeal. First I made my own “cheese.” Then I made my own whole-grain/sweet potato flatbread (gluten-free, even, as though I don’t already operate under enough food restrictions.) And finally I grilled my vegetables, because everyone knows a vegan, whole-grain, gluten-free cheese sandwich must have grilled vegetables!

In the end, my kitchen looked like the Pillsbury Doughboy had spontaneously exploded. Pots were coated with sticky “cheese” sauce, hand blender and food processor were caked with starchy residue, pans and cutting boards and serving bowls took up every bit of counter space. My husband, AKA “the dishwasher,” was not amused. He would have preferred tofu salad. (Actually, he would have preferred bibimbab, which uses an equal number of pots and appliances to greater effect.)

So, was it worth it? How did it taste?

It wasn’t bad. Actually, the “cheese” sauce was great (though I’m sure Mr. W. would quite literally rather eat lard). The vegetables, my standard recipe using rosemary, garlic, and balsamic vinegar, were good. The bread could have been better. In fact, my three components, sauce, bread, and vegetables, didn’t really mesh well together. I think my sense of purpose may have led me astray this time.

Here’s the rundown on what I did:

Millet-Sweet Potato Flatbread

I cooked one medium sweet potato and mashed it. Added about 3/4 cup of millet flour, 3 tbsp. corn starch, and 1/2 tsp.塩。 Tried to knead it in the food processor, tried to roll it into a flat bread and put it in a skillet, but it fell apart. Put it back into the food processor with 1/4 to 1/2 cup water and 1/2 tsp.重曹。 Spooned it into a hot skillet and cooked it on both sides until done. (Next time, I’ll add some cumin and serve this as an accompaniment to Indian foods. It wasn’t really large enough to use as a wrap.)

The Vegetables:

Eggplant, zucchini, red bell pepper, onion, portabella mushrooms grilled like this.

Mozzarella-Style Cheeze

水1カップ
1/4 cup nutritional yeast
2 Tablespoons cornstarch
レモン汁小さじ2
小さじ1/2の塩
ガーリックパウダー小さじ1/4
オニオンパウダー小さじ1/2
1 tablespoon cashew butter

Blend all the ingredients with a hand blender until smooth. Pour the mixture into a small sauce pan, and stir over medium heat until it starts to thicken, then let it bubble for 30 seconds. Whisk vigorously. Whisk in 2 T soymilk (or water). Drizzle immediately over vegetables or other food. (If you let it sit too long, you’ll have to blend it again.) For vegan, almost fat-free cheeze, this was a real winner. I will be using this recipe in the future to make my daughter’s beloved Mac and Cheeze.

So… I agree that it’s important to try not to be boring. But a writer from a food magazine is not the final arbiter of what’s interesting in a food blog. When you write day after day about what you’re cooking or eating, chances are you’re going to bore someone sometime. What’s important is to love what you’re writing about, and enjoy writing it. People who appreciate your ideas and recipes will find you and stick with you through the boring parts.

That’s what Mr. Wells didn’t understand: you can’t evaluate a blog based on one line, one paragraph, or one entry. You have to look at its entirety–the body of knowledge it shares, the particular voice of its writer, and the responses of its readers. I just started this blog last month, so I’m still finding my voice. I just hope I’m around as long as some of the other blogs that fancy food writer found boring.

And now I must get back to cooking. I think I owe my husband some bibimbab!


Let’s Call it a Cheese Sandwich

Recently Pete Wells, a writer for Food and Wine magazine, wrote an article that described most food blogs as opportunities for “hundreds of pointless cheese-sandwich meanderings.” To illustrate what he considers a boring “cheese sandwich blog,” he pulled quotes out of context from several blogs and caused a big stir among food bloggers. As a protest, Cheese Sandwich Day was born.

Well, I never eat cheese, and I rarely eat sandwiches, so I don’t think what I write could properly be called a cheese sandwich blog. In fact, I’m sure that Wells, a guy who once wrote that “lard is the most elegant fat I’ve ever met,” would consider my blog something much worse than a cheese sandwich blog: a freakishly health-conscious, nutritional yeast-pushing, fat-fearing, tofu salad sandwich blog!

I guess I should have made a tofu salad sandwich to express my solidarity with other food bloggers. They probably would have understood: I don’t do cheese, and tofu is really soy cheese. But no. I had “a sense of purpose,” which Wells says a blog needs. I wanted to rise to the challenge and make something vegan, something cheesy, and most of all, something not boring.

So I threw myself into the task with zeal. First I made my own “cheese.” Then I made my own whole-grain/sweet potato flatbread (gluten-free, even, as though I don’t already operate under enough food restrictions.) And finally I grilled my vegetables, because everyone knows a vegan, whole-grain, gluten-free cheese sandwich must have grilled vegetables!

In the end, my kitchen looked like the Pillsbury Doughboy had spontaneously exploded. Pots were coated with sticky “cheese” sauce, hand blender and food processor were caked with starchy residue, pans and cutting boards and serving bowls took up every bit of counter space. My husband, AKA “the dishwasher,” was not amused. He would have preferred tofu salad. (Actually, he would have preferred bibimbab, which uses an equal number of pots and appliances to greater effect.)

So, was it worth it? How did it taste?

It wasn’t bad. Actually, the “cheese” sauce was great (though I’m sure Mr. W. would quite literally rather eat lard). The vegetables, my standard recipe using rosemary, garlic, and balsamic vinegar, were good. The bread could have been better. In fact, my three components, sauce, bread, and vegetables, didn’t really mesh well together. I think my sense of purpose may have led me astray this time.

Here’s the rundown on what I did:

Millet-Sweet Potato Flatbread

I cooked one medium sweet potato and mashed it. Added about 3/4 cup of millet flour, 3 tbsp. corn starch, and 1/2 tsp.塩。 Tried to knead it in the food processor, tried to roll it into a flat bread and put it in a skillet, but it fell apart. Put it back into the food processor with 1/4 to 1/2 cup water and 1/2 tsp.重曹。 Spooned it into a hot skillet and cooked it on both sides until done. (Next time, I’ll add some cumin and serve this as an accompaniment to Indian foods. It wasn’t really large enough to use as a wrap.)

The Vegetables:

Eggplant, zucchini, red bell pepper, onion, portabella mushrooms grilled like this.

Mozzarella-Style Cheeze

水1カップ
1/4 cup nutritional yeast
2 Tablespoons cornstarch
レモン汁小さじ2
小さじ1/2の塩
ガーリックパウダー小さじ1/4
オニオンパウダー小さじ1/2
1 tablespoon cashew butter

Blend all the ingredients with a hand blender until smooth. Pour the mixture into a small sauce pan, and stir over medium heat until it starts to thicken, then let it bubble for 30 seconds. Whisk vigorously. Whisk in 2 T soymilk (or water). Drizzle immediately over vegetables or other food. (If you let it sit too long, you’ll have to blend it again.) For vegan, almost fat-free cheeze, this was a real winner. I will be using this recipe in the future to make my daughter’s beloved Mac and Cheeze.

So… I agree that it’s important to try not to be boring. But a writer from a food magazine is not the final arbiter of what’s interesting in a food blog. When you write day after day about what you’re cooking or eating, chances are you’re going to bore someone sometime. What’s important is to love what you’re writing about, and enjoy writing it. People who appreciate your ideas and recipes will find you and stick with you through the boring parts.

That’s what Mr. Wells didn’t understand: you can’t evaluate a blog based on one line, one paragraph, or one entry. You have to look at its entirety–the body of knowledge it shares, the particular voice of its writer, and the responses of its readers. I just started this blog last month, so I’m still finding my voice. I just hope I’m around as long as some of the other blogs that fancy food writer found boring.

And now I must get back to cooking. I think I owe my husband some bibimbab!


ビデオを見る: פיצה מהירה מבצק של 5 דקות תפיחה עם תוספות טעימות חלק א