ja.mpmn-digital.com
新しいレシピ

新しい法案の恩恵を受けるワシントン州の蒸留所

新しい法案の恩恵を受けるワシントン州の蒸留所


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


新しい法律により、ワシントン州の蒸留所は、より良いサンプルを提供し、イベントを主催し、より多くの場所で製品を販売することができます

ワシントン州は蒸留酒製造業者に新しい法律で彼らの精神を売り込みそして売る新しい機会を提供しています。

上院法案5353が今月初めにワシントン州で可決されたとき、州周辺の蒸留所は法案が彼らにもたらす機会を祝いました。

「この法案を可決することは、クラフト蒸留所で全国一の州としてのワシントンの地位を固めるのに役立ちます」とワシントン上院議員ヤンエンジェルは担当者を通して私たちに語った。 「私たちはいくつかの素晴らしい地元の蒸留所を持っています、そしてこれは顧客と中小企業の間のより多くのつながりを作るのを助けるでしょう。」

新しい法律により、蒸留所はソーシャルメディアで施設でのイベントを宣伝し、承認されたファーマーズマーケットでスピリッツを販売し、製品のサンプルを他のいくつかの特典とともに熟成(ミキサーを追加して小さなカクテルを作成)することができます。 、ジョン・ブルドン。

法律の最も有利な側面は、サンプルを混ぜ物にする能力です、と所有者で蒸留酒製造業者のキャプティブスピリッツであるベン・カプデビエルは説明しました。新しい法律の前は、サンプルはまっすぐに提供されなければなりませんでした。

多くの潜在的な顧客が家にいる間は精霊を飲まないため、これは蒸留所を傷つけ、サンプルを評価することを困難にしました。現在、蒸留酒製造業者は、顧客が自宅でよく行うように精神を試すことができるように、試飲するカクテルを作成することを提案する場合があります。

「それはスピリッツの競技場を平準化するのに役立ちます」とCapdevielleは言いました。 「ビールやワインを試飲するときは、自宅と同じように試してみます。今では、蒸留業者は私たちのサンプルで同じ経験を提供することができます。」

これに加えて、ソーシャルメディアでイベントを宣伝し、ファーマーズマーケットで製品を販売する機能は、蒸留所の人気と消費者基盤の拡大に役立つとブルドン氏は述べています。

これらすべての要因は、法案の最終目標であるワシントン州の精神の成長に拍車をかけ続けるはずです。


ジョージワシントンのライウイスキー®

ジョージワシントンのライウイスキー®のこの特別なボトルは、マウントバーノンにあるジョージワシントンの再建された蒸留所で蒸留された限られた数のボトルの1つです。

マウントバーノンのショップ(3200マウントバーノンメモリアルハイウェイ、バージニア州マウントバーノン)で直接購入するか、オンラインで購入します。

価格

位置

マッシュビル、またはレシピは、1798年と1799年の蒸留所の元帳を調べた研究者によって発見されました。彼のウイスキーは、ライ麦60%、トウモロコシ35%、モルト大麦5%で構成されていました。

記録はまた、ジョージワシントンのウイスキーが市場に送られる前に少なくとも2回蒸留されたことを示しています。

ワシントンの時代には、ウイスキーは熟成されておらず、元の形で販売されていました。このボトルに入っているウイスキーは、そのプロセスを正確に表しています。

マウントバーノンのスタッフは、このライウイスキーの製造にワシントンのオリジナルのマッシュビルと伝統的な18世紀の方法を使用しました。これには、ワシントンの水力製粉所でのすべての穀物の粉砕、木製のマッシュタブでの発酵、薪の火で加熱された銅製の単式蒸留器での蒸留が含まれていました。

サイズ:375mlボトルアルコール度数:43% 証明:86証明

バージニアの公式スピリット

ジョージワシントンのライウイスキー®は、バージニア州の公式の州の精神です。 375mlボトルとミニボトルギフトセットでご用意!

ACSAで銀メダルを獲得

バージニア州の公式国家精神であるジョージワシントンのライウイスキー®は、2019 American Craft Spirits Association Awardsで銀メダルを受賞しました。これは、全国の白(未熟)ウイスキーの中で最高の賞です。

ご注意ください

•ウイスキーとブランデーの購入はすべて、有効な写真付き身分証明書を持って直接行う必要があります。 21歳以上である必要があります。例外なく。
•入場券なしで(マウントバーノンインコンプレックス内の)ショップにアクセスできます。駐車場は無料です。
•バージニアABC法は、ウイスキーまたはブランデーの購入品の発送を禁止しています。また、ウイスキーおよびブランデーの小切手を受け取ったり、割引したりすることもできません。

で販売可能:

マウントバーノンのショップ
時間:10 AM-6 PM
3200マウントバーノンメモリアルハイウェイ、マウントバーノン、バージニア22121
703.799.6301

製粉所(4月から10月のみオープン)
時間:10 AM-5 PM
5514マウントバーノンメモリアルハイウェイ、マウントバーノン、バージニア22309
703.360.1750


5モルトマッシュビル

世界で最も歴史的で一流のウイスキー、シングルモルトでの使用が許可されている唯一の穀物は、麦芽大麦です。一般に単に「麦芽」と呼ばれるこの発芽穀物は、何千年もの間アルコール飲料に使用されてきました。この穀物が私たちの業界で尊敬されていると考えると、あなたは許されるでしょう。ブドウという1つの基本的な原材料のみに依存しているワインの世界のように、私たちの業界はさまざまな種類の大麦の違いを称賛しており、独特のスタイルがそれを中心に展開していると思われるかもしれません。残念ながら、その仮定はこれ以上間違っているはずがありません。

私たちがウイスキーの世界に比較的慣れていないことは、大きな秘密ではありません。私たちは2010年に設立され、私たち自身の意欲と自信を持って設立されました。しかし、私たちは何十年もの間、マッシング、蒸留、バッティングを行っていません。私たちは、ウイスキーの製造方法について同じ概念と公式を毎回使用して、世代から世代へと事業を引き継いでいるウイスキーメーカーの長い血統から来ているわけではありません。私たちの物語は非常にアメリカ的な物語であり、新しい可能性を最高の順序で追求する自由を置いています。

この業界に参入した私たちは、私たちの主要な原材料がほとんど考慮されていないことに驚きました。品種の違いを強調することは実践されていないだけでなく、その考えは積極的に軽蔑されています。 「大麦には風味がありません。」 「大麦は関係ありません。」 「品種の味は存在しません。」これらは、創業以来何度も目にした本当の引用です。ワイン業界と比較して、スコットランドのウイスキー業界のほとんどは、彼らの考えにこれ以上遅れをとることはできませんでした。

間違いなく、私たちはこれらの主張を完全に拒否し、ウイスキー製造でこれまで使用されたことのない数十の新しい大麦品種を使った試験で積極的に間違っていることを証明しています。しかし、今日でも広く考慮されていない麦芽大麦の別の側面があります。それはその「麦芽」部分です。大麦は、蒸留所や醸造所でのマッシングプロセス中にデンプンを砂糖に変換する酵素を穀物に開発するために麦芽化する必要があります。このプロセスは、モルトとそれから作られた製品の最終的なフレーバープロファイルに深い影響を及ぼします。麦芽の乾燥工程では、発芽した大麦粒を加熱する技術と期間に基づいて、多種多様なフレーバーを製造することができます。

確かに、これらの焙煎レベルがビールの最終的な特徴とフレーバープロファイルに大きく貢献することは、醸造業界における長年の信念です。何百年もの間(最近のクラフト醸造のルネッサンスだけでなく)、醸造所で利用できるモルトの多様性に基づいて、ユニークなスタイルのビールが開発されてきました。最軽量のピルスナーから、琥珀、茶色、ポーター、そして最後にスタウトまで、モルトフレーバーのスペクトルが基本的なレベルで紹介され、理解されています。しかし、ウイスキー業界はこの概念をほとんど手に負えない形で却下しました。

このビジネスで使用されているローストモルトの例はいくつか(私たちの知る限りでは3つ)ありますが、モルトのフレーバーの貢献はほとんど受け入れられておらず、ウイスキーのフロンティアを何世代にもわたって衰退してきた場所を超えて推進する動機はほとんどありません。 。結局のところ、ローストしたモルトは収量が少ないだけでなく、コストも高くなります。悲しいことに、現在のウイスキー業界が実証していることがあれば、それは低コストと高収量が穀物の主要な要件であるということです。

ウェストランドでは、根本的に異なるアプローチを採用しています。最初に使用する最も風味豊かな原材料を見つけてから、可能な限り最高の収穫量をそれらから引き出してみませんか?高収量や低コストには本質的に問題はありませんが、風味を犠牲にする場合は、このビジネスの優先順位が狂っていることを考慮し始める必要があります。私たちにとって、私たちの最優先事項は、原材料の風味を擁護することです。これは、ほとんどのシングルモルトウイスキー蒸留所の運営方法からの顕著な変化を表しています。

これを行うために、5種類の麦芽大麦のマッシュビル(穀物のレシピを表すアメリカンウイスキー製造用語)を使用します。 5-モルト、私たちがそれを呼ぶように、ワシントン州で栽培され、麦芽にされた淡い麦芽のベースから始まります。 「淡い麦芽」という名前は、麦芽製造における標準的な低温乾燥プロセスを指します。参考までに、私たちが使用する淡いモルトは、スコットランドでピートスピリットを作っていないときに使用されているものと似ています。穀物の請求書セットの基礎を持って、私たちは高窯でローストされたモルトを追加し始めます。このトピックに不慣れな人との会話を容易にするために、それらすべてをローストモルトと呼ぶこともありますが、技術的には違いがあります。ハイキルンモルトは、通常のモルティングサイクルで乾燥温度を上げるだけで作られますが、ローストモルトはより高くなります。コーヒーロースターに似た特別に設計された機器での温度暴露。しかし、最終的には、効果は似ています。発芽した大麦に熱を加えることで、メイラード反応経路を介してフレーバー化合物が生成されます。アミノ酸と糖を組み合わせて熱を加えると、フレーバー化合物が生成されます。これは、カラメル化(砂糖と別の砂糖の加熱下での組み合わせ)に似ており、一般的に誤解されており、この反応が毎日見られる可能性があります。トースターでのパンの焦げ目、ステーキを焼くときの黒ずんだチャー、オーブンでのケーキの黄金色は、これらすべてがメイラード反応によって生成されるフレーバーの例です。

最も明るいものから最も暗いものまで、私たちの4つのキルおよびローストモルトは次のとおりです。

ミュンヘンモルト

ドイツだけでなく世界中の(そしてワシントン州の私たちにとって)モルティングハウスで作られた、これはその同名の都市に由来し、その地域のモルティラガーで使用されているモルティングのスタイルです。ここでは、ペールモルトのビスケットとアーモンドと比較したグレープナッツシリアルとスコーンのフレーバーを見ることができます。

エクストラスペシャルペールモルト

これは、ウィスコンシン州のブリーズモルティングカンパニーという世界で唯一の生産者によって作られた、完全にユニークなスタイルのモルトです。名前は物語の多くを物語っています。特別です。特別な。 ESMは、私たちにも知られていない秘密のプロセスで作られ、トーストしたマシュマロ、ワッフルコーン、杉、Snickerdoodleクッキーなどのユニークな味をマッシュビルにもたらします。

ブラウンモルト

アメリカでは一般的に作られていないローストモルトであるブラウンモルトは、ヘーゼルナッツとピーカンナッツのノートをテーブルにもたらします。

淡いチョコレートモルト

これは、英国のThomas Fawcett andSonsという1つの場所でのみ製造されているもう1つのローストモルトです。その名前は、ほとんどのモルトスターによって生産される通常の「チョコレートモルト」との相対的な位置を示しており、トーマスフォーセットの本物のチョコレートフレーバーと比較して、実際にはコーヒーのような味がします。また、これらの主要なチョコレートのノートに付随して、革とタバコの追加の背景ノートを取得すると考えています。

このレシピでは、麦芽大麦がウイスキーにもたらす可能性のある幅広いフレーバーを紹介します。そして、他にも何百もの異なる種類のモルトがあり、醸造業者によって熱心に使用されていますが、何らかの理由で蒸留業者によって敬遠されています。誰かが初めてウイスキーを味わい、「アイスクリームコーン」を聞くことほど満足のいくものはありません。または「私はチョコレートを味わいます!」ウイスキーを強調することを選択した場合、ウイスキーは穀物から美しい風味を持つことができます。あなたの主な優先事項が最低のコストを実現し、オークの影響だけを強調することである場合、あなたは最も基本的な原材料を割り引いています。

ウイスキー業界の現状で注目に値するのは、他の分野では受け入れられないと思われるアイデアを取引しているように見えることです。カベルネソーヴィニヨンはメルローとは味が違いますか?もちろんそうです。黄金色のクロワッサンにぴったりのオーブンの温度と時間を気にしていますか?絶対に、あなたは二度考えないでしょう。しかし、スコットランドからウイスキーを注ぐたびに、せいぜい穀物の風味を気にせず、最悪の場合はそれが存在するとさえ信じていない蒸留所から来ている可能性があります。

麦芽大麦はこのビジネスの基盤ですが、主流のウイスキー業界はそれは問題ではないと言っています。そのため、コア製品の3つのウイスキーすべてにキルドモルトとローストモルトを使用するだけでなく、主力製品であるウエストランドアメリカンオークでも最高レベルで使用しています。フラッグシップウイスキーは最も進歩的なウイスキーでもあるとよく言われますが、なぜですか?アメリカンオークは私たちの信念の現れを最もよく表し、原材料が私たちにとって重要であることを実証する必要があると信じています。最高のウイスキーを作ることを信じているので、何か違うことをしたり、より高価になることを恐れずに、5モルトのレシピを使用しました。

ウェストランドでは、シングルモルトウイスキーの世界に可能性を見出しており、未知の世界に足を踏み入れるという精神により、さらに探求する必要があります。未来のウイスキーを開発する私たちの仕事でこれを経験するだけではありません。私たちのコアレンジ表現のドラムを持っているたびに、あなたは今日その精神の結果を味わうことができます。


ノースカロライナのクラフトスピリッツは、ABC委員会が邪魔にならない限り、クラフトビールが10年前に行ったように離陸する準備ができています

ダーラムのブラザーズビルガリススピリッツカンパニーのリムビルガリス。

リタス・ビルガリスがレシピを発見 彼の家族が第二次世界大戦後にソビエト占領下のリトアニアから逃げた後の世代の古い料理本のクルプニカスのために。ライタスがデューク生物学の教授になった後、家族が定住したダーラムの自宅で、息子のリムは、ストーブの上の鍋に腰を下ろし、ハーブをかき混ぜて甘いシロップ、蜂蜜、ナツメグ、シナモンの氾濫の濃厚な香りを見たのを覚えています。キッチン。

次に、リータスはエバークリアを追加しました。リムの母親が部屋を出るための合図です。

リキュールは家族の休日の伝統になりました。リムはレシピを彼と一緒にカリフォルニア大学サンタバーバラ校の大学に持っていきました。パーティーで大ヒットしました。彼が卒業して2008年にダーラムに戻り、友人がそれを求め続けたとき、彼は考えを持っていました。彼はビジネスクラスを受講し、許可を得て、家族や友人からのお金でダウンタウンの郊外にある窓のない倉庫からブラザーズビルガリス蒸留所を開きました。

クルプニカスは2012年末にトライアングルABCストアの棚に並び、初年度は約9000本のボトルを販売しました。ブランドはゆっくりと州全体に広がり、次の数年で、ビルガリスは6つの製品ラインに拡大しました。フルーツとハーブのリキュールであるザフォドのようなリトアニアの調合のさまざまなブレンドと、おいしいビート風味の飲み物であるビートニクです。

彼の初期の成功にもかかわらず、ビルガリスは彼の製品をシャーロット、ウィンストンセーラム、およびアッシュビルに棚上げするのに苦労しました。彼は3年間、州中を運転して168の地元のABCボードに売り込み、製品に投資しましたが、運が悪かったことがよくありました。それは鶏が先か卵が先かという問題だったと彼は言います。彼が大きな販売数を示すことができなかった場合、バーやレストランがそれらを要求しない限り、取締役会は彼の製品をストックしませんでした。しかし、バーやレストランは、すでにABCの棚に置かれていない限り、注文しませんでした。

ビルガリス氏によると、彼が必要としていたのは、醸造所が生ビールを持っているのと同じように、蒸留所から直接カクテルを販売するために、顧客に直接連絡する方法でした。しかし、ノースカロライナ州の法律はそれを許可していません。利益を上げることができなかったVilgalysは、2年前にソフトウェア開発で2番目の仕事に就きました。

「規制の変更や改革が行われるまで、私たちは本当に良い成長曲線を見つけることができません」とビルガリス氏は言います。

今、彼は別のハードルを見つめています。

6月に、アルコール飲料管理委員会は、クルプニカスを除くすべてのブレンドを州の倉庫からノックアウトする可能性のある長年の規則の施行を開始します。そうすれば、地元のABCボードがそれらを拾う可能性がさらに低くなります。また、店舗で販売できない場合は、2つの選択肢しかありません。複雑なプロセスでケースごとに注文するよう顧客を説得するか、蒸留所から1人あたり年間最大5本のボトルを売り切れようとするかです。

どちらも実行可能なビジネスモデルではありません。

この規則は、少なくとも10年間は​​帳簿に載っていますが、施行されたことはありません。在庫のあるすべての製品は、ABCシステムに少なくとも年間5,000ドルの利益をもたらす必要があります。それが発効すると、ノースカロライナの蒸留酒製造業者の3分の1が市場へのアクセスが減少するのを見ることができ、ノースカロライナ製のスピリッツのほぼ4分の1(209の約50)がすぐに在庫切れになる可能性があります。

小規模の蒸留所(および新しい蒸留所)の場合、このしきい値により、消費者の前に製品を届けることがほぼ不可能になる可能性があります。そして、それは業界の急成長​​を妨げる可能性がある、と支持者は言います。 American Craft Spirits Associationによると、2010年以降、ノースカロライナ州の市場は7つの蒸留所から81に成長し、2013年以降蒸留所の数がほぼ3倍の1800を超えるという全国的な傾向を反映しています。

すべての変更は、総会から来る必要があります。 Top of the Hillの醸造所(1996年)とTOPO Organic Spirits(2012年)の創設者であるスコットメイトランドは、戦いに向けて準備を進めています。彼は2005年にクラフトビール運動を開始したポップザキャップ法案に尽力し、2017年にはノースカロライナ州蒸留所協会の会長として、酒類の販売を許可するいわゆるブランチ法案を可決する取り組みを主導しました。日曜日の正午までにレストランで、蒸留所から蒸留所から1本ではなく1人あたり年間5本のボトルを販売させます。

「誰もがクラフト醸造の成功を目にしています」とメイトランドは言います。 「記憶は短いので、彼らは歴史を知りません。法律が[この]ポイントに到達するのに20年かかったのです。流通キャップの引き上げ、ポップキャップの取り組み—業界の初期のパイオニアによって起こったブロックと取り組みを人々が本当に評価しているとは思いません。」

「私たちにはまだ長い道のりがあります」と彼は付け加えます。

ミスティックファーム&蒸留のジョナサンブリッツ

「ウイスキーは悪魔です」

かつて、ミスティックファーム&蒸留蒸留の共同所有者であるジョナサンブリッツは言います、彼はABCの関係者に、なぜ州が酒を他のアルコール飲料とそれほど異なって扱っているのかを尋ねました。

関係者の回答:「ビールは食べ物であり、ワインは聖餐であり、ウイスキーは悪魔です。」

「スピリチュアルリカーはこの極端な悪として扱われますが、実際には同じ製品です」とブリッツ氏は言います。 「ワインとビールはすべてのガソリンスタンドとQuickieMartにあります。スピリッツはこのパラレルユニバースにあります。この悪魔のジュースを一滴飲んだら、あなたは自分自身に責任を負わないかもしれません。」

1909年、ノースカロライナ州は南部で最初に乾燥した州になりました。これは、憲法修正第19条が全国的に禁酒法を制定する10年前のことです。他の場所と同様に、政府による節制は必ずしもうまくいくとは限りませんでした。 1920年代までに、ノースカロライナ州の最高執行官は、ムーンシャイナーの地下での流行を嘆きました。「私たちは、連合内の他のどの州よりも多くの違法な蒸留所を持っており、その数は増え続けています。」

1933年に禁酒法が終了してから4年後、総会はアルコール飲料管理委員会を設立しました。これは、アルコールの販売と流通に関する国営の独占企業です。全国的に、17の州(およびメリーランド州モンゴメリー郡)がこのモデルのいくつかのバージョンを使用しています。

ノースカロライナ州のシステムは、年間10億ドル以上の売り上げで、年間4億3000万ドル以上(州の240億ドルの予算の2%弱)を生み出しています。州はすべてのボトルについて、30%の物品税、7%の消費税、手数料、およびボトルがレストランやバーに販売される場合は混合飲料税を徴収します。

店の棚に入るには、製品は2人のゲートキーパーを通過する必要があります。委員会は、許可、流通、施行、およびポリシーの設定を監督するために知事によって任命された3人の組織であり、郡または市町村によって任命された168の地方委員会です。フランチャイズとして機能し、顧客、バー、レストランに販売する役人。

州から許可を取得した後、蒸留業者は2つのABC倉庫の1つに保管するために製品のパレットを製造します。次に、注文するには地元のABCボードが必要です。精神が店に届くと、ノースカロライナ州の製品は通常、店内の「地元の」棚に追いやられます。これは、密造酒セクションと呼ばれることもあります。 (ナショナルブランドと並べて配置することもできますが、それは地元の取締役会次第です。)

ABC委員会は、2つの理由から、収益性のしきい値を適用することを決定したと述べています。1つは、地元の取締役会に「最も魅力的な製品オプション」を提供すること、もう1つは、倉庫のスペースが不足しているためです。

しかし、これは正確ではない、と蒸留業者は言います。昨年の州の監査では、委員会がローリーとクレイトンで倉庫を運営する契約を結んでいる会社であるLB&ampBが、クレイトン倉庫のスペースの4分の1未満しか使用していないことがわかりました。監査はまた、不十分な契約交渉と監視の欠如が納税者に1400万ドルの費用をかけていることを発見しました。

委員会は、クレイトン倉庫が春と夏に定員に達し、監査人が12月に現れたと主張して、監査人の調査結果に異議を唱えました。それでも、LB&ampBの契約が2021年に期限切れになったときに、新しい請負業者の入札を求める予定です。

ABCは11月に決定を発表し、規則は2018年末に発効する予定でした。蒸留所協会とその新会長であるSouthern DistillingCompanyの所有者であるPeteBargerからの反発を受けて、6月まで延期されました。

ルールが成立すると、ビルガリスはその目標を達成するために年間1,320本のクルプニカを販売する必要がありますが、これは問題ではありません。昨年、その製品は州に約22,000ドルの利益をもたらしたと彼は言います。しかし、彼の他の5つのブレンドは、より小さなボトルに入っているので、もっと売らなければならず、それらは近くさえありません。

そして、新しい規則は小さな蒸留所にとって特に問題がありますが、大物でさえ心配しています。 Maitlandは、TOPOのすべての製品が効果を発揮するわけではないと述べています。バーガーについても同じことが言えます。

「すべての[製品]がそのしきい値を満たしているわけではありません」とBarger氏は言います。 「そうです、私たちは影響を受けています。率直に言って、5000ドルの要件は、私たちがセットアップして開発しようとしている[製品]にとって、小さなブランドにとってはかなり高い基準です。」

原則として、彼らは、自分の家計を稼ぐことは理にかなっており、誰も望まない製品を保管しなければならないことは、州の資源を浪費するだろうと言います。しかし、彼らはまた、閾値を恣意的であると見なし、委員会はノースカロライナの蒸留酒製造業者に対して例外を設けるべきであると主張している。

蒸留所協会と委員会の間の交渉は進行中である、と委員会のスタッフ管理者であるアグネス・スティーブンスは言います。

「私たちは彼らに成功以外の何物も望んでいません、そして私は彼らがそれを知っていると思います」とスティーブンスは言います。 「私たちは、彼らのビジネスが成功するためのあらゆるチャンスがあることを確実にするために私たちができることをするために協力して働くことを試みています。」

バーガーはABC委員会にその執行を遅らせるよう説得しましたが、それは一時的な勝利であることを認めています。

「私たちはポイントを獲得したかもしれませんが、戦争に負けたかもしれません」とバーガーは言います。

'それは災害でした'

蒸留酒製造業者はABC委員会を望んでいますが それらに対応する方法を見つけるでしょう、チャック・マクグラディはただいまいましいものを取り除きたいだけです。

ヘンダーソン郡の共和党の州代表であるマクグレイディ氏は、州の独占を彼の自由市場の原則に対する嫌悪感と見なしている。 「蒸留酒の販売と流通から政府を解放することは最良のことだと思います」とMcGradyは言います。 「民間部門は私たちよりもうまく処理できると思います。」

彼は、このセッションで、酒の販売と流通を民営化する法案を提出すると述べていますが、この用語は好きではありません。 民営化、また彼は多くの詳細を提供していません。要するに、州は、小売業者と流通業者が州から許可を申請するライセンシーシステムを通じて、ほとんどの州と同様に酒法の施行を監督するでしょう。

マクグレイディにとって、問題の一部は、州がスピリッツ、ワイン、ビールをどのように扱うかの間の同等性の欠如です。後者は、日曜日でも食料品店やガソリンスタンドで購入できます。しかし、酒ではありません。すべてのアルコールを同じように扱ってみませんか?彼は尋ねます。そして、官僚的形式主義を取り除けば、クラフト蒸留所はより競争力があるだろうとマクグレイディは言います。

あなたは蒸留所協会が彼の最大のチャンピオンになると思うかもしれません。しかし、そうではありません。バーガーはコントロール状態にいるのが好きです。彼のグループは、委員会が彼らのために物事をより簡単にすることを望んでいます。

ノースカロライナ州では、製品は少なくとも暴露の可能性があるとバーガー氏は言います。収益性のしきい値が設定されていても、製品の実行可能性を証明するのに1年はかかります。プライベートシステムでは、クラフト蒸留所は、ほとんどの主要なブランドを製造し、莫大なマーケティング予算を持っている少数の企業と競争する必要があり、州が義務付けた地元の棚を手に入れることはできません。

実際、全米酒類規制協会によると、クラフト蒸留所は、民間の小売業者、マーケター、または卸売業者よりも市場への幅広いアクセスを開放しているため、管理州ではかなりうまくいく傾向があります。

NABCAの副社長であるスティーブンシュミットは、次のように述べています。 「これらのシステムの価値の1つは、1回の電話または1回の連絡で、個々の小売業者を経由する必要がある場合よりもはるかに広い管轄区域とやり取りできることです。」

「自由市場は必ずしも小さな男に利益をもたらすとは限りません。なぜなら、あなたがプライベートになるとき、最大のマーケティング予算を持つ男が棚スペースを勝ち取る男だからです」とバーガーは言います。 「直感に反しますが、今日のシステムは、それ自体が挑戦的で苛立たしいものですが、必ずしも真のプライベートシステムでは得られない市場へのアクセスを可能にします。」

ノースカロライナ州での酒類販売を民営化する以前の試みは、一部には道徳的な懸念のために、また立法者が収入を失うことを心配しているために成功していません。

McGradyの最新のイニシアチブがこれ以上うまくいくかどうかは不明です。しかし、総会は、民営化がどのようになるかなど、その選択肢を検討しています。

月曜日に発表されたプログラム評価部門の報告によると、ほとんどのノースカロライナ人はABCシステムを廃止したいと考えていますが、民営化は収入の損失(州が酒税を引き上げない限り)、酒屋の増加、酒の消費量の増加につながることがわかりました。報告書はまた、既存の体制が機能していると主張しました。南東部の州の中で、ノースカロライナは1ガロンの酒あたり最も多くのお金を受け取り、人口密度あたりの酒屋の数が最も少なく、消費率が2番目に続きます。

レポートは、McGradyが提案しているように、2012年に制御システムからライセンスシステムに切り替えたワシントン州で何が起こったのかを調べました。そこでは酒屋の数が4倍になりましたが、クラフト蒸留所が大ヒットしました。

「それは惨事でした」とメイトランドは言います。 「ワシントン州は非常に賢明ではなく、支配国であることをやめ、その後、西部開拓時代の入国を許可しましたが、それは良くありませんでした。完全に規制された状態から自由な状態に移行すると、振り子は逆方向に揺れ動きます。それでは、自由市場、つまり自由市場は何をするのでしょうか。さて、自由市場の800ポンドのゴリラは流通システムを設定します、そしてあなたが得るものは彼らが彼らのものを売っているので彼らははるかに多くのアルコールですがはるかに少ない選択です、そして彼らは彼らの最もコストを売っています-効果的なものであり、操作の規模のために、真の選択を提供できるアクターを作成するというアイデアは絞り出されます。」


ベイエリア

何十もの蒸留所が一夜にして発芽したベイエリアほど、西部のウイスキーブームが多様な場所はありません。ポップイン セントジョージスピリッツ カリフォルニア州アラメダの兵舎が立ち並ぶウォーターフロントのすぐそばにあり、あくびをしている元海軍格納庫の腹に閉じ込められた、オーナーであり西海岸のウイスキーのパイオニアであるランスウィンターズを見つけることができます。冬は、彼の研究室に積み上げられた実験の列と列をじっと見つめながら生き返ります。場所は映画セットのワンクリック恥ずかしがり屋に見えます。ウェスアンダーソン監督の靴のレプリカの中で ライフアクアティック、一般に公開されていない蒸留メスカルのガロン、および蒸留された樹木で熟したグアバの水差しは、数年前にさかのぼる液体の歴史の隠し場所に座っています。

「私たちがウイスキーを作るとき、私たちは私たちが誰であるかについて声明を出します」と、セントジョージとの彼の仕事のために3度のジェームズビアード候補者であるウィンターズは言います。彼は2017年に瓶詰めした35周年記念ウイスキーを手に入れました。このウイスキーには、スコットランドやケンタッキーでは一般的ですが、西海岸のウイスキーでは古くからある18歳の精神が含まれていました。 「これは自己表現の行為であり、商品ではありません」と彼は言います。 「私がテーブルにボトルを置くとき、私はテーブルに私の心を置いています。」

1996年、USSの元原子力技術者であるウィンターズ 企業 醸造パブを経営していた彼は、オークチップで熟成させたガレージ蒸留ウイスキーのボトルを持ってセントジョージに足を踏み入れました。クラフトスピリッツのパイオニアでオードヴィーのスペシャリストである当時のオーナーのホルグ・ルフは、ボトルからドラッグを外し、「不快ではない」と見なしました。

「彼にとって、それは高い評価でした」とウィンターズは死んだ。

数十年後、ウィンターズは実験を続けています。 「私は他の誰かと同じものを作りたくありません」と彼は言います。 「なぜわざわざ?」

伝統が染み込んだ工芸品の場合、特にベイエリア周辺では、その開業医のほとんどがじっと座っているように見えます。 「カリフォルニア州全体は、驚くべき富を探し、新しいことに挑戦する人々の約束の産物です」とウィンターズは理由を述べています。

その先駆的な精神が、この地域の最新の製品の背後にある職人技を定義しています。メタリカが独自のウイスキーを発売することを決定したとき、それは実際には良いものでしたが、バンドはジャックダニエルのような定評のあるマスマーケットプロデューサーに簡単に頼ることができたでしょう。代わりに、彼らは後期蒸留所のデイブ・ピッケレルと提携しました。彼は、フィニッシュバレルに音をぶつけて、各バンドメンバーがバンドの全作品からプレイリストを作成するという、そこにあるシステムに彼らを売り込みました。振動は、液体とピカレルが仕上げに選んだ黒いブランデー樽の間の相互作用を刺激するように設計されています。 “The minute he pitched us on that approach, we all were on board,” says guitarist Kirk Hammett.

This kind of outside-the-box thinking is characteristic of upstart distillers, many of whom benefit from liberal laws and the entrepreneurial spirit of the Bay Area. Case in point: Home Base Spirits, a bid by two sisters to navigate their way into the boom from a warehouse in Berkeley. More than a decade ago, Ali Blatteis joined a whiskey club at her tech start-up, only to find the gender imbalance intimidating. So she started a whiskey club for women, unofficially dubbed the Rye or Die Chicks, which her sister Sam would join when visiting on trips from New York and after moving back to their native Oakland. Soon enough, the passion became an obsession—and then a profession—and by 2015 the sisters had filled their first barrels. They’re now sold throughout the Bay Area.

“Even though we’re in this center of innovation, we’re the complete opposite of a tech company model,” says Sam. “Our gross is too small.” Distinct from the ground-up distilling of Westland or St. George, or the sourced bootstrapping of High West and Metallica’s Blackened, the sisters are using what’s called a “rectifier” license that allows them to distill using another company’s stills one contract at a time. Call it Turo or WeWork for distilling equipment: The peer-to-peer sharing concept allows them to minimize their carbon footprint and support local businesses and farmers.

While the Blatteis sisters might eschew innovation for innovation’s sake, it’s not surprising that a fair amount of Bay Area distillers swipe right on the continuum of tradition and leading edge. At the annual Whisky Advocate WhiskyFest this past November in downtown San Francisco, a room of barrel-chested enthusiasts squeezes into hotel banquet chairs to sample beta drams of Glyph, a “molecular whiskey” from a start-up called Endless West. The ambitious effort is an inevitable outgrowth of the Bay Area tech scene, which engineered “impossible” meat, egg-free “mayo,” and has made driverless cars a reality. Endless West is aiming to engineer a top-flight, high-touch whiskey quickly using sourced flavor components and neutral-grain spirits, not a barrel in sight. “It might not be for everyone, and perhaps not even for everyone in this room,” says cofounder and CEO Alec Lee, raising a glass of the amber liquid. “But it’s what we’re doing, and I hope you enjoy it.”

Some attendees grumble, some draw deep drams into their mouths, ponder the flavors. A group in back talks over Lee, wondering aloud: Is this whiskey? Do we like it? Does it matter?

Most distillers are nothing if not cerebral when discussing their craft. But Lee speaks a different language entirely: aroma vectors, molecular chirality, tongue delivery. He speaks of pivoting, iterating, non-trivial obstacles.

Lee is a product of the culture, and so is his whiskey. The act of creating it is a form of self-expression the act of consuming it the start of a conversation.

Can a spirit be conjured up if it’s not born of the land, but purely the culture surrounding it?


With Washington's drug possession law deemed unconstitutional, state lawmakers consider treatment for simple possession

NSn late February, law enforcement officers, attorneys and politicians around the state were shocked by a Washington Supreme Court decision that found the state's criminal drug possession law to be unconstitutional.

At issue in the case was whether someone could be found guilty of a crime for unknowingly possessing drugs. The case involves a woman from Spokane who was convicted of meth possession after drugs were found in a pocket of the jeans she was wearing while being booked into jail on suspicion of a different crime. The woman said her friend gave her the pants and she hadn't known the meth was there.

But unlike every other state in the country, Washington's law didn't require prosecutors to prove that someone knowingly possessed drugs in order to convict them of simple possession. Lawmakers have known for years that including language about proving "intent" was advisable, so the court found that, as written, the law is unconstitutional.

関連している

A bill died that would have allowed Washingtonians to grow their own weed - but advocates aren't giving up

The ruling created a gap in legality. As a result, people are not being arrested or charged for simple possession, pending charges have been dropped, and lawmakers are scrambling to find a fix to the rule before the end of session, which is scheduled for April 25.

The decision also raised immediate issues for court systems.

Depending on the details of their case, people currently serving time for drug crimes may need to be resentenced. The state Department of Corrections estimated in March that fewer than 100 people statewide are currently incarcerated on a simple possession conviction, and fewer than 7,000 are on community supervision. Meanwhile, thousands of individuals were either incarcerated or under community supervision due to a simple possession conviction in addition to a conviction for another crime.

If the ruling applies retroactively, and those convicted of simple possession in the past could have their felonies overturned, counties could also be required to refund fees people had to pay as part of their punishment called legal financial obligations. The news site Crosscut reported that could amount to as much as $47 million, not counting the additional costs associated with resentencing or hearing cases.

Lawmakers have proposed several fixes. One proposal would allow local jurisdictions to create their own criminal possession laws, as Grant County recently did. But that bill has yet to get a hearing and the end of session is fast approaching.

Another proposal, Senate Bill 5476, has been more successful in getting in front of a committee, and could transform the way personal drug use is handled across the state, directing people to treatment instead of jail cells.

PUBLIC HEALTH APPROACH

It would still be illegal to possess more than personal amounts of those drugs, and it would be a gross misdemeanor for anyone under 21 to possess any amount of a controlled substance (previously a felony).

The bill was brought forward by Sen. Manka Dhingra, D-Redmond, who was a senior deputy prosecuting attorney in King County for 19 years. During that time, she helped create and lead their therapeutic alternative unit, helped expand and run their mental health court, and was a crisis training instructor for law enforcement officers.

関連している

Celebrities are joining the cannabis business in droves we imagine how their products stand out

トレンド

Local brewery openings during the pandemic

Regional wineries team up for Spring Release Weekend after a challenge-filled year

Will Washington state preserve some of the looser liquor regulations bars were granted during the pandemic - or will they be cut off?

Under the bill, those found in possession of a personal amount could be referred to what's known as a forensic navigator, who could help them find treatment for substance use disorder. A similar program called Law Enforcement Assisted Diversion (LEAD) has been in place in Seattle for years, with officers directing those found with personal amounts of drugs to treatment instead of jail. That type of programming could expand statewide under this framework.

"Twenty-seven years ago, when we funded our first drug diversion court, that's when we started our journey with recognizing that jails and prisons were not the answer for substance use disorder," Dhingra said during an April 5 public hearing on the bill before the Senate Ways and Means Committee.

Two days later, Dhingra tells the インランダー that she believes the bill would help the state treat addiction as a public health issue, which would better align with what professionals have learned are the best ways to successfully rehabilitate people.

"I don't think our electeds are at the point in time of saying we need [full] decriminalization," Dhingra says. "However, what we have seen since we started down this public health approach 27 years ago is that the more opportunities you can provide for treatment earlier on, when people are given that opportunity and accept it, their success rate is extremely high."

Despite the significant upfront costs of getting diversion and treatment programs up and running, state and local agencies would likely save money in the long run, and people could have a better chance at success, she says.

Several affected groups weighed in on the bill during the April 5 public hearing, with multiple people in favor of the bill noting the outsized impact that the war on drugs has had on people of color.

Among those voicing their support was Kurtis Robinson, executive director of Spokane-based organization I Did the Time, which helps people overcome barriers to success that exist due to their past convictions.

"I am a living product of the fact that treatment works and it is a necessary intervention to bring people from a place of social isolation to a place of meaningful engagement in the community," Robinson tells lawmakers during the hearing.

関連している

Feeling down? Spark it up and stream these upbeat films

Carmen Pacheco-Jones, director of the Health and Justice Recovery Alliance in Spokane, shares her own story of getting arrested two weeks after her 18th birthday on a shoplifting warrant and being found with $20 worth of heroin. She detoxed in jail, but as soon as she was released she says she was right back in the same situation, cycling in and out of the justice system until she managed to get clean.

"Traumatized individuals need humanized treatment to begin the road to recovery," Pacheco-Jones tells the committee, urging them to support the bill.

But not everyone is a fan of the proposed changes.

For cities, dropping the drug crimes for those under 21 down to a gross misdemeanor could mean their courts would have to take on those cases, which previously went to superior courts.

To address that last concern, Dhingra says she plans to introduce an amendment to her bill that would give the juvenile court system, which already uses treatment as a priority, oversight of possession charges for those 18 to just under 21 years old.

Others asked about unintended consequences. A prosecutor asked if there would be as much incentive for people to agree to treatment without the potential consequence of a criminal charge. A representative for a law enforcement group said the bill could make it harder for officers to arrest the dealers who sell to those struggling with addiction.

Dhingra says that the bill doesn't remove the elements of the law that allow for someone to be committed to treatment if they're a danger to themselves or others, and those who are causing other issues can still be held criminally accountable.

"The honest truth about this stuff is that the individuals who are really problematic for law enforcement, they're engaging in other illegal activity, so if they really want to hold them criminally responsible, they have other avenues of doing it," Dhingra says. "There needs to be this understanding that with substance use disorder, it really needs to be a public health approach." ♦

The original print version of this article was headlined "Decriminalization for Washington?"

The original print version of this article was headlined "Decriminalization for Washington?"


Local Laws about Distilling at Home

Once you are sure that you have the proper license at the federal level, and you confirm that you are in compliance with your state laws about at-home distilling, you want to also check with your county and city statutes. You never know until you look if your specific county, parish, city, or township may have local certifications, licenses, or permits that are needed to operate your moonshine still at home.

USA.gov can also be used to quickly find information from your local government websites.


Distillers in Washington State to Benefit From New Bill - Recipes

WASHINGTON, D.C. &ndash Today, U.S. Senator Maria Cantwell (D-WA) highlighted the inclusion of key small business priorities she championed and pushed for in the bipartisan COVID-19 stimulus bill that passed both the Senate and the House of Representatives overwhelmingly last night.

The bill provides $284.5 billion for the Paycheck Protection Program (PPP), a new infusion of cash for a program that has been a lifeline for small businesses across the country, including 108,000 Washington state small businesses and nonprofits who received $12.5 billion in PPP loans. The bill extends PPP through March 31, 2021 and enables small businesses and nonprofits to apply for a 2nd PPP loan of up to $2 million if they have 300 or fewer employees and have experienced a revenue loss of at least 25% between comparable quarters in 2019 and 2020.

&ldquoI&rsquom very glad&hellip that we were able to get the PPP program that helps small businesses, so that they can continue to try to make ends meet as we continue to work our way through this pandemic,&rdquo Senator Cantwell said in a speech on the Senate floor on Monday night.


6. Woodford Reserve

Woodford Reserve, owned by Jack Daniel&rsquos parent company Brown-Forman, started out back in the &lsquo90s as a brand focused solely on bourbon, but has since expanded into many different types of whiskey including rye, wheat and malt. The bourbon is the backbone of this distillery&rsquos lineup, however, a premium sipper with an expansive palate that master distiller Chris Morris likes to say has over 200 different flavor notes. Try this one along with the Double Oaked as a comparison the latter is finished in a new set of deeply toasted and lightly charred barrels before bottling giving it a new depth of flavor in the process. Also, the annual Kentucky Derby bottle is now available, featuring the work of artist, former baseball player, and Louisville resident Richard Sullivan on the label.

Courtesy of Reserve Bar

Best Whiskeys of the Pacific Northwest

The Pacific Northwest&rsquos notoriously gloomy weather provides some benefits for those who live there. In addition to transforming the great outdoors into a massive, verdant playground, the moody climate and steady rain also nurture a deep appreciation for whiskey. Over the past decade, dozens of new distillers in Washington and Oregon have turned their attention to crafting bourbons, single malts and other whiskeys. While many of these young spirits are still slumbering in barrels, some are starting to show up in bars throughout the region. Here are a few we recommend checking out.

Westland American Single Malt Whiskey
Westland Distillery, Seattle
As a tip of the proverbial hat to the region&rsquos beer culture, Westland uses five types of roasted and kilned barley malt (much of it grown in Washington) and a Belgian brewer&rsquos yeast to produce a whiskey in the spirit of the delicate honeyed malts from Speyside.

Westward Oregon Straight Malt Whiskey
House Spirits Distillery, Portland
Northwest-grown barley is fermented with ale yeast and the spirit is produced via two passes through a pot still before aging in American oak barrels. The result is a singular whiskey with a rich, deep bourbon-like aroma, but a dry, elegant flavor evocative of the whiskeys from Ireland and Scotland. An excellent sipper by the campfire.

McCarthy&rsquos Oregon Single Malt Whiskey
Clear Creek Distillery, Portland
Most other Northwest single malts have profiles that are soft and mild McCarthy&rsquos, designed in the Islay style, is a big, smoky bruiser of a whiskey that calls to mind such legendary libations as Lagavullin and Bowmore. Peated Scottish barley goes into the whiskey, which is aged in sherry casks and in barrels made of Oregon oak the result is a robust bonfire of a slow-sipper that pushes the parameters of what a Northwest whiskey can be.

2Bar Spirits Bourbon Whiskey
2Bar Spirits, Seattle
A recent addition to the Northwest whiskey team, this soft, subtle bourbon is one to keep an eye on. Made entirely from Washington- and Oregon-grown corn, wheat and barley, 2Bar&rsquos bourbon is gentle and lightly sweet, with a grassy character that speaks to its youth coupled with a vanilla-tinged quality from its short time in oak barrels.

Fremont Mischief Whiskey
Fremont Mischief Distillery, Seattle
Grassy and dry, with a rich toffee tone, this immensely approachable whiskey has a high rye content and is aged in once-used bourbon barrels. The spirit has touches of spicy warmth brushed with vanilla and brown butter the distillery winks an eye at mischief, but there&rsquos no joking around with this whiskey.



コメント:

  1. Macleod

    沈黙が始まった:)

  2. Gerhard

    Didn't understand very well.

  3. Bana

    この問題についてご協力いただきありがとうございます。すべて素晴らしい。



メッセージを書く