ja.mpmn-digital.com
新しいレシピ

調査:バーガーキングはまだ両親にヒットしていません

調査:バーガーキングはまだ両親にヒットしていません


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


バーガーキングは、マクドナルドとウェンディーズに追いつくまでにはまだまだ先があります。

調査:バーガーキングはまだ両親にヒットしていません

最大のクイックサービスハンバーガーブランドは、最近、特に子供向けの料理を取り巻くメニューの調整に取り組んでいます。バーガーキングは新しいBKクラウンの食事とプロモーションを導入し、マクドナルドとウェンディーズは子供向けの食事にさらに健康的なアイテムを追加しています。

市場調査会社YouGovBrandIndexの最近のデータによると、バーガーキングは親への魅力を高めていますが、主要な競合他社であるマクドナルドとウェンディーズに追いつくまでにはまだまだ先があります。

ニューヨークを拠点とするBrandIndexによる、自宅に子供がいる親を対象とした独自の「インプレッションスコア」に関する最新の調査によると、バーガーキングの11月5日から25日までの3週間の平均スコアは、リブランドされたBKCrownキッズを紹介したのと同じです。 '食事—増加しました。しかし、ハンバーガーの競合他社や、Subwayのように両親とともにリストのトップに立つブランドに追いつくには十分ではありません。

BrandIndexは、平日5,000人以上の消費者を調査し、「このブランドについて一般的に肯定的または否定的な感情を持っていますか?」と尋ねることによって、インプレッションスコアを計算します。否定的な回答は肯定的な回答から差し引かれ、各ブランドに否定的な100から肯定的な100までのスコアが与えられます。この研究では、過去3か月間にクイックサービスレストランを訪れた、家に子供がいる親から回答を収集しました。

クイックサービスのレストランチェーンの上位5つは、地下鉄、ウェンディーズ、パパジョンズ、ピザハット、マクドナルドでした。バーガーキングは10位でした。

「バーガーキングは両親に失敗しているわけではありませんが、消費者に対する一般的な認識から、彼らはまだマクドナルドとウェンディーズに遅れをとっています」と上級副社長のテッド・マルジリは述べています。 「それは、いくつかの激しい競争や他の激しい広告主に対抗しています。」


マクドナルドの顧客は新しいクォーターパウンダーを待ちますか?

トレイシー・ムーアは最近、ダラス中心部にあるマクドナルドのレストランの駐車場でクォーターパウンダーを待っていたので焦りました。

新鮮な牛肉で作られたハンバーガーは、冷凍パティから作られたオリジナルよりも熱くジューサーとして請求され、よりおいしい料理を提供するための同社の取り組みの一環です。

しかし、約4分後、蒸されたのはムーアでした。レストランのドライブスルーで新しいクォーターパウンダーを注文した他の顧客と同様に、彼女は駐車スペースに引っ張って待つように求められました。

「毎回そんなに長くなるなら、私はそれを注文しません。私は行きます」と、毎朝コーラのためにドライブスルーを打ち、チェーンで頻繁に食事をするムーアは言いました。

ライバルに負けたビジネスを取り戻すために働くマクドナルドにとって、時間と味の間のトレードオフは大きく迫っています。新鮮な牛肉を使ったオーダーメイドのクォーターパウンダーバーガーの導入は、食品の品質を向上させるためのチェーンの試みの一環です。 3月に発表された新しいサンドイッチは、すでに一部のテストマーケットにあり、2018年半ばまでに米国のすべての店舗で提供される予定です。

しかし、このイニシアチブの成功は、ムーアのような重要な顧客を満足させることにかかっている可能性があります。それは、同社の米国収益の70%を占めるスピード志向のドライブスルー常連客です。

レストランのマネージャーやアナリストによると、オンデマンドのクォーターパウンダーは、新鮮な牛肉が冷凍パテよりも速く揚げるにもかかわらず、元のサンドイッチよりも顧客の手に届くまでに約1分長くかかります。それは、常連客が注文した後にのみグリルが始まるからです。従来のクォーターパウンダーは、多くの場合、事前にバッチで調理されていました。

ファーストフードビジネスでは毎秒が重要です。広く注目されている調査によると、マクドナルドのドライブスルー速度は、すでにいくつかの主要な競合他社のドライブスルー速度よりも遅れています。マクドナルドはそのようなデータを共有していませんが、会社の代表者は今年初めにロイターにサービス時間が遅くなっていると語りました。

それでも、会社の幹部は、マクドナルドの米国のハンバーガー売上高の約4分の1を占める人気のクォーターパウンダーの見通しに強気です。先月の投資家会議で、最高経営責任者のスティーブ・イースターブルックは、切り替えによって予想よりも複雑さが少なくなり、レストランの運営者が参加していると述べた。

ただし、一部の業界のベテランは懐疑的です。元南カリフォルニアのマクドナルドのフランチャイジーからコンサルタントに転向したリチャード・アダムスは、速度が低下した場合に他の場所に行く可能性のあるチェーンの常連客にとって、利便性が最も重要であると述べています。

「顧客が注文した後に調理プロセスが始まるときはいつでも、サービス時間は遅くなります」とアダムズは言いました。

新鮮な牛肉のイニシアチブは、マクドナルドのキッチンに圧力がかかるときに起こります。

アダムズ氏によると、マクドナルドの新しい「Signature Crafted」サンドイッチラインの最近の全国発売のおかげで、レストランの乗組員はすでにトリッキーなメニューアイテムをジャグリングしています。これにより、顧客は自分の肉、パン、トッピングを選ぶことができます。 「SignatureCrafted」のクォーターパウンダーバーガーも、全国で販売されるようになると、新鮮な牛肉を使用します。

マクドナルドの料理人は、チェーンがセルフサービスのキオスクとモバイル注文を採用することでさらに緊張する可能性があります。このテクノロジーは注文時間を短縮しますが、スターバックスなどの企業が学んだように、ピーク時にキッチンを浸水させることで新しいボトルネックを生み出す可能性があります。

フレッシュVS.速い

改良されたクォーターパウンダーは、60年前のチェーンを近代化し、4年連続のトラフィック減少を逆転させるためのイースターブルックによる最新の動きです。

Wendy's Co、Whataburger、In-N-Outでのダイレクトショットでもあります。これらのフレッシュバーガーチェーンは、マクドナルドが2012年以来店舗から5億件の米国の取引を吸い上げたと言うファーストフードのライバルの1つです。

2015年10月にEasterbrookが終日の朝食を導入したことは大ヒットであり、売り上げの伸びに貢献しています。同社の株価は今年これまでのところ25%以上上昇しています。

アナリストは、チキンナゲットなどの人気商品の人工食材を捨てる動きとともに、新鮮な牛肉のプッシュが、よりシンプルで「よりクリーン」でより新鮮な食材に対する消費者の需要に対応することで売上を伸ばすことを期待しています。

クォーターパウンダーの変身は、牛の国の中心部にあるアナリストやマクドナルドのフランチャイズ加盟店から早期の支持を得ており、オクラホマ州とテキサス州の約400店舗で約2年間テストされています。

ロイターと話をした3人のダラス地域のマクドナルドのマネージャーは、広告とクーポンの助けを借りて、この切り替えによりクォーターパウンダーの売上が20%から50%に改善したと推定しました。

ダラス北部の高級地区にあるマクドナルドのレストランのマネージャー、エドガー・メザ氏は、「私たちは通りの向こう側にあるワタバーガーから顧客を盗んできた」と語った。地域チェーンであるテキサスを拠点とするWhataburgerの関係者は、コメントを控えた。

一部のハンバーガー愛好家も注目しています。

「彼らは少しジューシーだ」と、ダラスのディープエルム地区近くのアウトレットでクォーターパウンダーを磨き上げていたボブライリーは、今週のマクドナルドの3回目の食事であると述べた。

「ウェンディーズが彼らを目覚めさせたと思う」と彼は言った。

ダラスフォートワース地域に20軒のレストランを所有する元マクドナルドの幹部であるジョージャスパーは、この取り組みに深く関わっています。彼は新しいクォーターパウンダーを「私たちの業界で最高のハンバーガーですが、もっと重要なのは、マクドナルドのスピードで(1つが配達された)」と説明しました。

問題は、「マクドナルドの速度」が競合他社の多くの速度ほど速くないことです。

アトランタに本拠を置くビジネスインテリジェンス会社であるSeeLevelHXのデータを使用して、業界誌であるQSRマガジンが発表した調査によると、昨年のマクドナルドのドライブスルーでの平均サービス時間は208.2秒でした。調査によると、これは業界リーダーのウェンディーズの169.1秒よりもかなり遅れています。バーガーキング、ダンキンドーナツ、KFCもすべてマクドナルドに勝っています。

マクドナルドは、一部の店舗にドライブスルーレーンを追加したり、準備に時間がかかることが判明したトルティーヤで包んだサンドイッチである「スナックラップ」などの製品を廃棄したりすることで、ウェンディーズとのギャップを2012年から2016年にかけて3分の1に狭めました。それでも、SeeLevel HXのデータによると、昨年の平均ドライブスルーサービス時間は2012年よりも約20秒遅くなりました。

マクドナルドのダラス中央高速道路のアシスタントマネージャーであるクローディアバルセナスは、カウンターとドライブスルースタッフが、特にサンドイッチがよくできている場合は、新鮮な牛肉のクォーターパウンダーが遅れる可能性があることを常連客に知らせていると言います。

「もう少し時間がかかることを説明しなければならない。おそらく1分だ」とバルセナス氏は語った。

マクドナルドの顧客にとってそれが価値があるかどうかは、実験が全国的に行われているので、まだ見られていません。

フアンロドリゲスは、バルセナスの店から約9マイル離れた別のダラスマクドナルドのアウトレットのドライブスルーで、新鮮な牛肉のクォーターパウンダーを昼休みに待っていました。 3分の時点で、20歳は落ち着きを失っていました。

「もっと良ければ、待っても構わない」とロドリゲスは言った。 「でも、味が同じなら、違います。」


マクドナルドの顧客は新しいクォーターパウンダーを待ちますか?

トレイシー・ムーアは最近、ダラス中心部にあるマクドナルドのレストランの駐車場でクォーターパウンダーを待っていたので焦りました。

新鮮な牛肉で作られたハンバーガーは、冷凍パティから作られたオリジナルよりも熱くジューサーとして請求され、よりおいしい料理を提供するための同社の取り組みの一環です。

しかし、約4分後、蒸されたのはムーアでした。レストランのドライブスルーで新しいクォーターパウンダーを注文した他の顧客と同様に、彼女は駐車スペースに引っ張って待つように求められました。

「毎回そんなに長くなるなら、私はそれを注文しません。私は行きます」と、コーラのために毎朝ドライブスルーを打ち、チェーンで頻繁に食事をするムーアは言いました。

ライバルに負けたビジネスを取り戻すために働くマクドナルドにとって、時間と味の間のトレードオフは大きく迫っています。新鮮な牛肉を使ったオーダーメイドのクォーターパウンダーバーガーの導入は、食品の品質を向上させるためのチェーンの試みの一環です。 3月に発表された新しいサンドイッチは、すでに一部のテストマーケットにあり、2018年半ばまでに米国のすべての店舗で提供される予定です。

しかし、このイニシアチブの成功は、ムーアのような重要な顧客を満足させることにかかっている可能性があります。それは、同社の米国収益の70%を占めるスピード志向のドライブスルー常連客です。

レストランのマネージャーやアナリストによると、オンデマンドのクォーターパウンダーは、新鮮な牛肉が冷凍パテよりも速く揚げるにもかかわらず、元のサンドイッチよりも顧客の手に届くまでに約1分長くかかります。それは、常連客が注文した後にのみグリルが始まるからです。従来のクォーターパウンダーは、多くの場合、事前にバッチで調理されていました。

ファーストフードビジネスでは毎秒が重要です。広く注目されている調査によると、マクドナルドのドライブスルー速度は、すでにいくつかの主要な競合他社のドライブスルー速度よりも遅れています。マクドナルドはそのようなデータを共有していませんが、会社の代表者は今年初めにロイターにサービス時間が遅くなっていると語りました。

それでも、会社の幹部は、マクドナルドの米国のハンバーガー売上高の約4分の1を占める人気のクォーターパウンダーの見通しに強気です。先月の投資家会議で、最高経営責任者のスティーブ・イースターブルックは、切り替えによって予想よりも複雑さが少なくなり、レストランの運営者が参加していると述べた。

ただし、一部の業界のベテランは懐疑的です。元南カリフォルニアのマクドナルドのフランチャイジーからコンサルタントに転向したリチャード・アダムスは、速度が低下した場合に他の場所に行く可能性のあるチェーンの常連客にとって、利便性が最も重要であると述べています。

「顧客が注文した後に調理プロセスが始まるときはいつでも、サービス時間は遅くなります」とアダムズは言いました。

新鮮な牛肉のイニシアチブは、マクドナルドのキッチンに圧力がかかるときに起こります。

アダムズ氏によると、マクドナルドの新しい「Signature Crafted」サンドイッチラインの最近の全国発売のおかげで、レストランの乗組員はすでにトリッキーなメニューアイテムをジャグリングしています。これにより、顧客は自分の肉、パン、トッピングを選ぶことができます。 「SignatureCrafted」のクォーターパウンダーバーガーも、全国で販売されるようになると、新鮮な牛肉を使用します。

マクドナルドの料理人は、チェーンがセルフサービスのキオスクとモバイル注文を採用することでさらに緊張する可能性があります。このテクノロジーは注文時間を短縮しますが、スターバックスなどの企業が学んだように、ピーク時にキッチンを浸水させることで新しいボトルネックを生み出す可能性があります。

フレッシュVS.速い

改良されたクォーターパウンダーは、60年前のチェーンを近代化し、4年連続のトラフィック減少を逆転させるためのイースターブルックによる最新の動きです。

Wendy's Co、Whataburger、In-N-Outでのダイレクトショットでもあります。これらのフレッシュバーガーチェーンは、マクドナルドが2012年以来店舗から5億件の米国の取引を吸い上げたと言うファーストフードのライバルの1つです。

2015年10月にEasterbrookが終日の朝食を導入したことは大ヒットであり、売り上げの伸びに貢献しています。同社の株価は今年これまでのところ25%以上上昇しています。

アナリストは、チキンナゲットなどの人気商品の人工食材を捨てる動きとともに、新鮮な牛肉のプッシュが、よりシンプルで「よりクリーン」でより新鮮な食材に対する消費者の需要に対応することで売上を伸ばすことを期待しています。

クォーターパウンダーの変身は、牛の国の中心部にあるアナリストやマクドナルドのフランチャイズ加盟店から早期の支持を得ており、オクラホマ州とテキサス州の約400店舗で約2年間テストされています。

ロイターと話をした3人のダラス地域のマクドナルドのマネージャーは、広告とクーポンの助けを借りたものの、この切り替えによりクォーターパウンダーの売上が20%から50%に改善したと推定しました。

ダラス北部の高級地区にあるマクドナルドのレストランのマネージャー、エドガー・メザ氏は、「私たちは通りの向こう側にあるワタバーガーから顧客を盗んできた」と語った。地域チェーンであるテキサスを拠点とするWhataburgerの関係者は、コメントを控えた。

一部のハンバーガー愛好家も注目しています。

「彼らは少しジューシーだ」と、ダラスのディープエルム地区近くのアウトレットでクォーターパウンダーを磨き上げていたボブライリーは、今週のマクドナルドの3回目の食事であると述べた。

「ウェンディが彼らを起こしたと思う」と彼は言った。

ダラスフォートワース地域に20軒のレストランを所有する元マクドナルドの幹部であるジョージャスパーは、この取り組みに深く関わっています。彼は新しいクォーターパウンダーを「私たちの業界で最高のハンバーガーですが、もっと重要なのは、マクドナルドのスピードで(1つが配達された)」と説明しました。

問題は、「マクドナルドの速度」が競合他社の多くの速度ほど速くないことです。

アトランタに本拠を置くビジネスインテリジェンス会社であるSeeLevelHXのデータを使用して、業界誌であるQSRマガジンが発表した調査によると、昨年のマクドナルドのドライブスルーでの平均サービス時間は208.2秒でした。調査によると、これは業界リーダーのウェンディーズの169.1秒よりもかなり遅れています。バーガーキング、ダンキンドーナツ、KFCもすべてマクドナルドに勝っています。

マクドナルドは、一部の店舗にドライブスルーレーンを追加したり、準備に時間がかかることが判明したトルティーヤで包んだサンドイッチである「スナックラップ」などの製品を廃棄したりすることで、ウェンディーズとのギャップを2012年から2016年にかけて3分の1に狭めました。それでも、SeeLevel HXのデータによると、昨年の平均ドライブスルーサービス時間は2012年よりも約20秒遅くなりました。

マクドナルドのダラス中央高速道路のアシスタントマネージャーであるクローディアバルセナスは、カウンターとドライブスルースタッフが、特にサンドイッチがよくできている場合は、新鮮な牛肉のクォーターパウンダーが遅れる可能性があることを常連客に知らせていると言います。

「もう少し時間がかかることを説明しなければならない。おそらく1分だ」とバルセナス氏は語った。

マクドナルドの顧客にとってそれが価値があるかどうかは、実験が全国的に行われているので、まだ見られていません。

フアンロドリゲスは、バルセナスの店から約9マイル離れた別のダラスマクドナルドのアウトレットのドライブスルーで、新鮮な牛肉のクォーターパウンダーを昼休みに待っていました。 3分の時点で、20歳は落ち着きを失っていました。

「もっと良ければ、待っても構わない」とロドリゲスは言った。 「でも、味が同じなら、違います。」


マクドナルドの顧客は新しいクォーターパウンダーを待ちますか?

トレイシー・ムーアは最近、ダラス中心部にあるマクドナルドのレストランの駐車場でクォーターパウンダーを待っていたので焦りました。

新鮮な牛肉で作られたハンバーガーは、冷凍パティから作られたオリジナルよりも熱くジューサーとして請求され、よりおいしい料理を提供するための同社の取り組みの一環です。

しかし、約4分後、蒸されたのはムーアでした。レストランのドライブスルーで新しいクォーターパウンダーを注文した他の顧客と同様に、彼女は駐車スペースに引っ張って待つように求められました。

「毎回そんなに長くなるなら、私はそれを注文しません。私は行きます」と、コーラのために毎朝ドライブスルーを打ち、チェーンで頻繁に食事をするムーアは言いました。

ライバルに負けたビジネスを取り戻すために働くマクドナルドにとって、時間と味の間のトレードオフは大きく迫っています。新鮮な牛肉を使ったオーダーメイドのクォーターパウンダーバーガーの導入は、食品の品質を向上させるためのチェーンの試みの一環です。 3月に発表された新しいサンドイッチは、すでに一部のテストマーケットにあり、2018年半ばまでに米国のすべての店舗で提供される予定です。

しかし、このイニシアチブの成功は、ムーアのような重要な顧客を満足させることにかかっている可能性があります。それは、同社の米国収益の70%を占めるスピード志向のドライブスルー常連客です。

レストランのマネージャーやアナリストによると、オンデマンドのクォーターパウンダーは、新鮮な牛肉が冷凍パテよりも速く揚げるにもかかわらず、元のサンドイッチよりも顧客の手に届くまでに約1分長くかかります。それは、常連客が注文した後にのみグリルが始まるからです。従来のクォーターパウンダーは、多くの場合、事前にバッチで調理されていました。

ファーストフードビジネスでは毎秒が重要です。広く注目されているある調査によると、マクドナルドのドライブスルー速度は、すでにいくつかの主要な競合他社のドライブスルー速度よりも遅れています。マクドナルドはそのようなデータを共有していませんが、会社の代表者は今年初めにロイターにサービス時間が遅くなっていると語りました。

それでも、会社の幹部は、マクドナルドの米国のハンバーガー売上高の約4分の1を占める人気のクォーターパウンダーの見通しに強気です。先月の投資家会議で、最高経営責任者のスティーブ・イースターブルックは、切り替えによって予想よりも複雑さが少なくなり、レストランの運営者が参加していると述べた。

ただし、一部の業界のベテランは懐疑的です。元南カリフォルニアのマクドナルドのフランチャイジーからコンサルタントに転向したリチャード・アダムスは、速度が低下した場合に他の場所に行く可能性のあるチェーンの常連客にとって、利便性が最も重要であると述べています。

「顧客が注文した後に調理プロセスが始まるときはいつでも、サービス時間は遅くなります」とアダムズは言いました。

新鮮な牛肉のイニシアチブは、マクドナルドのキッチンに圧力がかかるときに起こります。

アダムズ氏によると、マクドナルドの新しい「Signature Crafted」サンドイッチラインの最近の全国発売のおかげで、レストランの乗組員はすでにトリッキーなメニューアイテムをジャグリングしています。これにより、顧客は自分の肉、パン、トッピングを選ぶことができます。 「SignatureCrafted」のクォーターパウンダーバーガーも、全国で販売されるようになると、新鮮な牛肉を使用します。

マクドナルドの料理人は、チェーンがセルフサービスのキオスクとモバイル注文を採用することでさらに緊張する可能性があります。このテクノロジーは注文時間を短縮しますが、スターバックスなどの企業が学んだように、ピーク時にキッチンを浸水させることで新しいボトルネックを生み出す可能性があります。

フレッシュVS.速い

改良されたクォーターパウンダーは、60年前のチェーンを近代化し、4年連続のトラフィック減少を逆転させるためのイースターブルックによる最新の動きです。

Wendy's Co、Whataburger、In-N-Outでのダイレクトショットでもあります。これらのフレッシュバーガーチェーンは、マクドナルドが2012年以来店舗から5億件の米国の取引を吸い上げたと言うファーストフードのライバルの1つです。

2015年10月にEasterbrookが終日の朝食を導入したことは大ヒットであり、売り上げの伸びに貢献しています。同社の株価は今年これまでのところ25%以上上昇しています。

アナリストは、チキンナゲットなどの人気商品の人工食材を捨てる動きとともに、新鮮な牛肉のプッシュが、よりシンプルで「よりクリーン」でより新鮮な食材に対する消費者の需要に対応することで売上を伸ばすことを期待しています。

クォーターパウンダーの変身は、牛の国の中心部にあるアナリストやマクドナルドのフランチャイズ加盟店から早期の支持を得ており、オクラホマ州とテキサス州の約400店舗で約2年間テストされています。

ロイターと話をした3人のダラス地域のマクドナルドのマネージャーは、広告とクーポンの助けを借りて、この切り替えによりクォーターパウンダーの売上が20%から50%に改善したと推定しました。

ダラス北部の高級地区にあるマクドナルドのレストランのマネージャー、エドガー・メザ氏は、「私たちは通りの向こう側にあるワタバーガーから顧客を盗んできた」と語った。地域チェーンであるテキサスを拠点とするWhataburgerの関係者は、コメントを控えた。

一部のハンバーガー愛好家も注目しています。

「彼らは少しジューシーだ」と、ダラスのディープエルム地区近くのアウトレットでクォーターパウンダーを磨き上げていたボブライリーは、今週のマクドナルドの3回目の食事であると述べた。

「ウェンディーズが彼らを目覚めさせたと思う」と彼は言った。

ダラスフォートワース地域に20軒のレストランを所有する元マクドナルドの幹部であるジョージャスパーは、この取り組みに深く関わっています。彼は新しいクォーターパウンダーを「私たちの業界で最高のハンバーガーですが、もっと重要なのは、マクドナルドのスピードで(1つが配達された)」と説明しました。

問題は、「マクドナルドの速度」が競合他社の多くの速度ほど速くないことです。

アトランタに本拠を置くビジネスインテリジェンス会社であるSeeLevelHXのデータを使用して、業界誌であるQSRマガジンが発表した調査によると、昨年のマクドナルドのドライブスルーでの平均サービス時間は208.2秒でした。調査によると、これは業界リーダーのウェンディーズの169.1秒よりもかなり遅れています。バーガーキング、ダンキンドーナツ、KFCもすべてマクドナルドに勝っています。

マクドナルドは、一部の店舗にドライブスルーレーンを追加したり、準備に時間がかかることが判明したトルティーヤで包んだサンドイッチである「スナックラップ」などの製品を廃棄したりすることで、ウェンディーズとのギャップを2012年から2016年にかけて3分の1に狭めました。それでも、SeeLevel HXのデータによると、昨年の平均ドライブスルーサービス時間は2012年よりも約20秒遅くなりました。

マクドナルドのダラス中央高速道路のアシスタントマネージャーであるクローディアバルセナスは、カウンターとドライブスルースタッフが、特にサンドイッチがよくできている場合は、新鮮な牛肉のクォーターパウンダーが遅れる可能性があることを常連客に知らせていると言います。

「もう少し時間がかかることを説明しなければならない。おそらく1分だ」とバルセナス氏は語った。

マクドナルドの顧客にとってそれが価値があるかどうかは、実験が全国的に行われているので、まだ見られていません。

フアンロドリゲスは、バルセナスの店から約9マイル離れた別のダラスマクドナルドのアウトレットのドライブスルーで、新鮮な牛肉のクォーターパウンダーを昼休みに待っていました。 3分の時点で、20歳は落ち着きを失っていました。

「もっと良ければ、待っても構わない」とロドリゲスは言った。 「でも、味が同じなら、違います。」


マクドナルドの顧客は新しいクォーターパウンダーを待ちますか?

トレイシー・ムーアは最近、ダラス中心部にあるマクドナルドのレストランの駐車場でクォーターパウンダーを待っていたので焦りました。

新鮮な牛肉で作られたハンバーガーは、冷凍パティから作られたオリジナルよりも熱くジューサーとして請求され、よりおいしい料理を提供するための同社の取り組みの一環です。

しかし、約4分後、蒸されたのはムーアでした。レストランのドライブスルーで新しいクォーターパウンダーを注文した他の顧客と同様に、彼女は駐車スペースに引っ張って待つように求められました。

「毎回そんなに長くなるなら、私はそれを注文しません。私は行きます」と、コーラのために毎朝ドライブスルーを打ち、チェーンで頻繁に食事をするムーアは言いました。

ライバルに負けたビジネスを取り戻すために働くマクドナルドにとって、時間と味の間のトレードオフは大きく迫っています。新鮮な牛肉を使ったオーダーメイドのクォーターパウンダーバーガーの導入は、食品の品質を向上させるためのチェーンの試みの一環です。 3月に発表された新しいサンドイッチは、すでに一部のテストマーケットにあり、2018年半ばまでに米国のすべての店舗で提供される予定です。

しかし、このイニシアチブの成功は、ムーアのような重要な顧客を満足させることにかかっている可能性があります。それは、同社の米国収益の70%を占めるスピード志向のドライブスルー常連客です。

レストランのマネージャーやアナリストによると、オンデマンドのクォーターパウンダーは、新鮮な牛肉が冷凍パテよりも速く揚げるにもかかわらず、元のサンドイッチよりも顧客の手に届くまでに約1分長くかかります。それは、常連客が注文した後にのみグリルが始まるからです。従来のクォーターパウンダーは、事前にバッチで調理されることがよくありました。

ファーストフードビジネスでは毎秒が重要です。広く注目されている調査によると、マクドナルドのドライブスルー速度は、すでにいくつかの主要な競合他社のドライブスルー速度よりも遅れています。マクドナルドはそのようなデータを共有していませんが、会社の代表者は今年初めにロイターにサービス時間が遅くなっていると語りました。

それでも、会社の幹部は、マクドナルドの米国のハンバーガー売上高の約4分の1を占める人気のクォーターパウンダーの見通しに強気です。先月の投資家会議で、最高経営責任者のスティーブ・イースターブルックは、切り替えによって予想よりも複雑さが少なくなり、レストランの運営者が参加していると述べた。

ただし、一部の業界のベテランは懐疑的です。元南カリフォルニアのマクドナルドのフランチャイジーからコンサルタントに転向したリチャード・アダムスは、速度が低下した場合に他の場所に行く可能性のあるチェーンの常連客にとって、利便性が最も重要であると述べています。

「顧客が注文した後に調理プロセスが始まるときはいつでも、サービス時間は遅くなります」とアダムズは言いました。

新鮮な牛肉のイニシアチブは、マクドナルドのキッチンに圧力がかかるときに起こります。

アダムズ氏によると、マクドナルドの新しい「Signature Crafted」サンドイッチラインの最近の全国発売のおかげで、レストランの乗組員はすでにトリッキーなメニューアイテムをジャグリングしています。これにより、顧客は自分の肉、パン、トッピングを選ぶことができます。 「SignatureCrafted」のクォーターパウンダーバーガーも、全国で販売されるようになると、新鮮な牛肉を使用します。

マクドナルドの料理人は、チェーンがセルフサービスのキオスクとモバイル注文を採用することでさらに緊張する可能性があります。このテクノロジーは注文時間を短縮しますが、スターバックスなどの企業が学んだように、ピーク時にキッチンを浸水させることで新しいボトルネックを生み出す可能性があります。

フレッシュVS.速い

改良されたクォーターパウンダーは、60年前のチェーンを近代化し、4年連続のトラフィック減少を逆転させるためのイースターブルックによる最新の動きです。

Wendy's Co、Whataburger、In-N-Outでのダイレクトショットでもあります。これらのフレッシュバーガーチェーンは、マクドナルドが2012年以来店舗から5億件の米国の取引を吸い上げたと言うファーストフードのライバルの1つです。

2015年10月にEasterbrookが終日の朝食を導入したことは大ヒットであり、売り上げの伸びに貢献しています。同社の株価は今年これまでのところ25%以上上昇しています。

アナリストは、チキンナゲットなどの人気商品の人工食材を捨てる動きとともに、新鮮な牛肉のプッシュが、よりシンプルで「よりクリーン」でより新鮮な食材に対する消費者の需要に対応することで売上を伸ばすことを期待しています。

クォーターパウンダーの変身は、牛の国の中心部にあるアナリストやマクドナルドのフランチャイズ加盟店から早期の支持を得ており、オクラホマ州とテキサス州の約400店舗で約2年間テストされています。

ロイターと話をした3人のダラス地域のマクドナルドのマネージャーは、広告とクーポンの助けを借りて、この切り替えによりクォーターパウンダーの売上が20%から50%に改善したと推定しました。

ダラス北部の高級地区にあるマクドナルドのレストランのマネージャー、エドガー・メザ氏は、「私たちは通りの向こう側にあるワタバーガーから顧客を盗んできた」と語った。地域チェーンであるテキサスを拠点とするWhataburgerの関係者は、コメントを控えた。

一部のハンバーガー愛好家も注目しています。

「彼らは少しジューシーだ」と、ダラスのディープエルム地区近くのアウトレットでクォーターパウンダーを磨き上げていたボブライリーは、今週のマクドナルドの3回目の食事であると述べた。

「ウェンディが彼らを起こしたと思う」と彼は言った。

ダラスフォートワース地域に20軒のレストランを所有する元マクドナルドの幹部であるジョージャスパーは、この取り組みに深く関わっています。彼は新しいクォーターパウンダーを「私たちの業界で最高のハンバーガーですが、もっと重要なのは、マクドナルドのスピードで(1つが配達された)」と説明しました。

問題は、「マクドナルドの速度」が競合他社の多くの速度ほど速くないことです。

アトランタに本拠を置くビジネスインテリジェンス会社であるSeeLevelHXのデータを使用して、業界誌であるQSRマガジンが発表した調査によると、昨年のマクドナルドのドライブスルーでの平均サービス時間は208.2秒でした。調査によると、これは業界リーダーのウェンディーズの169.1秒よりもかなり遅れています。バーガーキング、ダンキンドーナツ、KFCもすべてマクドナルドに勝っています。

マクドナルドは、一部の店舗にドライブスルーレーンを追加したり、準備に時間がかかることが判明したトルティーヤで包んだサンドイッチである「スナックラップ」などの製品を廃棄したりすることで、ウェンディーズとのギャップを2012年から2016年にかけて3分の1に狭めました。それでも、SeeLevel HXのデータによると、昨年の平均ドライブスルーサービス時間は2012年よりも約20秒遅くなりました。

マクドナルドのダラス中央高速道路のアシスタントマネージャーであるクローディアバルセナスは、カウンターとドライブスルースタッフが、特にサンドイッチがよくできている場合は、新鮮な牛肉のクォーターパウンダーが遅れる可能性があることを常連客に知らせていると言います。

「もう少し時間がかかることを説明しなければならない。おそらく1分だ」とバルセナス氏は語った。

マクドナルドの顧客にとってそれが価値があるかどうかは、実験が全国的に行われているので、まだ見られていません。

フアンロドリゲスは、バルセナスの店から約9マイル離れた別のダラスマクドナルドのアウトレットのドライブスルーで、新鮮な牛肉のクォーターパウンダーを昼休みに待っていました。 3分の時点で、20歳は落ち着きを失っていました。

「もっと良ければ、待っても構わない」とロドリゲスは言った。 「でも、味が同じなら、違います。」


マクドナルドの顧客は新しいクォーターパウンダーを待ちますか?

トレイシー・ムーアは最近、ダラス中心部にあるマクドナルドのレストランの駐車場でクォーターパウンダーを待っていたので焦りました。

新鮮な牛肉で作られたハンバーガーは、冷凍パティから作られたオリジナルよりも熱くジューサーとして請求され、よりおいしい料理を提供するための同社の取り組みの一環です。

しかし、約4分後、蒸されたのはムーアでした。レストランのドライブスルーで新しいクォーターパウンダーを注文した他の顧客と同様に、彼女は駐車スペースに引っ張って待つように求められました。

「毎回そんなに長くなるなら、私はそれを注文しません。私は行きます」と、コーラのために毎朝ドライブスルーを打ち、チェーンで頻繁に食事をするムーアは言いました。

ライバルに負けたビジネスを取り戻すために働くマクドナルドにとって、時間と味の間のトレードオフは大きく迫っています。新鮮な牛肉を使ったオーダーメイドのクォーターパウンダーバーガーの導入は、食品の品質を向上させるためのチェーンの試みの一環です。 3月に発表された新しいサンドイッチは、すでに一部のテストマーケットにあり、2018年半ばまでに米国のすべての店舗で提供される予定です。

But the success of the initiative may well hinge on satisfying important customers like Moore: speed-minded drive-through patrons who account for 70 per cent of the firm's U.S. revenue.

An on-demand Quarter Pounder takes about a minute longer to land in a customer's hands than does the original sandwich, according to restaurant managers and analysts, even though fresh beef fries up faster than frozen patties. That's because grilling begins only after a patron orders. Traditional Quarter Pounders were often cooked up in batches ahead of time.

Every second counts in the fast-food business. McDonald's drive-through speeds already lag those of some major competitors, according to one widely watched survey. McDonald's does not share such data, but company representatives told Reuters earlier this year that service times have slowed.

Still, company executives are bullish on prospects for the popular Quarter Pounder, which accounts for about one-fourth of McDonald's U.S. burger sales. At an investor conference last month, Chief Executive Steve Easterbrook said the changeover has created fewer complications than expected and that restaurant operators are on board.

Some industry veterans, however, are skeptical. Richard Adams, a former Southern California McDonald's franchisee-turned-consultant, says convenience is paramount for the chain's patrons, who may go elsewhere if speed deteriorates.

"Any time the cooking process begins after the customer orders, the service time will be slower," Adams said.

The fresh-beef initiative comes as pressure builds on McDonald's kitchens.

Adams says restaurant crews already are juggling trickier menu items thanks to the recent national launch of McDonald's new "Signature Crafted" sandwich line, which allows customers to pick their own meat, buns and toppings. "Signature Crafted" quarter-pound burgers also will use fresh beef as it becomes available nationwide.

McDonald's cooks could be further strained by the chain's embrace of self-service kiosks and mobile ordering. The technology shaves ordering times, but can create new bottlenecks by swamping kitchens at peak hours, as companies such as Starbucks Corp have learned.

FRESH VS. FAST

The revamped Quarter Pounder is the latest move by Easterbrook to modernize the 60-year-old chain and reverse four straight years of traffic declines.

It's also a direct shot at Wendy's Co, Whataburger and In-N-Out. Those fresh-burger chains are among the fast-food rivals that McDonald's says have siphoned 500 million U.S. transactions from its stores since 2012.

Easterbrook's introduction of all-day breakfast in October 2015 was a big hit and has helped lift sales. The company's stock price is up more than 25 per cent so far this year.

Analysts expect the fresh-beef push, along with moves to ditch artificial ingredients in popular items such as chicken nuggets, to bolster sales by addressing consumer demand for simpler, "cleaner" and fresher ingredients.

The Quarter Pounder makeover has won early support from analysts and McDonald's franchisees in the heart of cattle country, where the product has been tested for almost two years in about 400 stores in Oklahoma and Texas.

Three Dallas-area McDonald's managers who spoke with Reuters estimated the switch has improved their Quarter Pounder sales from 20 per cent to 50 per cent, albeit aided by advertising and coupons.

"We've been stealing customers from a Whataburger down the street," said Edgar Meza, a manager at a McDonald's restaurant in an upscale neighborhood in north Dallas. Officials at Texas-based Whataburger, a regional chain, declined to comment.

Some burger lovers are taking notice too.

"They're a little juicier," said Bob Riley, who was polishing off a Quarter Pounder at an outlet near Dallas' Deep Ellum neighborhood, his third McDonald's meal of the week.

"I think Wendy's woke them up," he said.

Joe Jasper, a former McDonald's executive who owns 20 restaurants in the Dallas-Fort Worth area, has been deeply involved in the effort. He described the new Quarter Pounder as "the best burger in our industry, but more importantly, (one delivered) at the speed of McDonald's."

Trouble is, the "speed of McDonald's" isn't as fast as that of many of its competitors.

The average service time at a McDonald's drive-through last year was 208.2 seconds, according to a study published by QSR magazine, an industry publication, using data from SeeLevel HX, an Atlanta-based business intelligence firm. That's well behind industry leader Wendy's at 169.1 seconds, according to the survey. Burger King, Dunkin' Donuts and KFC all beat McDonald's too.

McDonald's narrowed the gap with Wendy's by one-third from 2012 to 2016 by adding more drive-through lanes at some stores and by scrapping products such as "snack wraps," tortilla-wrapped sandwiches that proved time-consuming to prepare. Still, its average drive-through service time last year was almost 20 seconds slower than it was in 2012, according to SeeLevel HX data.

Claudia Barcenas, assistant manager at a McDonald's off Dallas' Central Expressway, says her counter and drive-through staff inform patrons that fresh-beef Quarter Pounders can be delayed, particularly if the sandwiches are ordered well-done.

"We have to explain that it takes a bit longer. Perhaps a minute," Barcenas said.

Whether that's worth it for McDonald's customers remains to be seen as the experiment goes nationwide.

Juan Rodriguez waited on his lunch break for a fresh-beef Quarter Pounder at the drive-through of another Dallas McDonald's outlet about nine miles from Barcenas' store. At the three-minute mark, the 20-year-old was getting restless.

"If it's better, I don't mind waiting," Rodriguez said. "But if it tastes the same, then no."


Will McDonald's customers wait for the new Quarter Pounder?

Tracy Moore grew impatient as she waited for a Quarter Pounder recently in the parking lot of a McDonald's restaurant in central Dallas.

The burger, made with fresh beef and billed as hotter and juicer than the original made from a frozen patty, is part of the company's effort to serve tastier food.

But after about four minutes, it was Moore who was steamed. Like other customers who'd ordered the new Quarter Pounder at the restaurant's drive-through, she was asked to pull into a parking space and wait.

"If it's going to be that long every time, I won't order it. I'd go" elsewhere, said Moore, who hits the drive-through every morning for a Coke and dines frequently at the chain.

The tradeoff between time and taste looms large for McDonald's Corp as it works to win back business lost to rivals. The introduction of cooked-to-order, quarter-pound burgers made with fresh beef is part of the chain's attempt to improve food quality. Announced in March, the new sandwiches are already in selected test markets and are expected to be served in all U.S. stores by mid-2018.

But the success of the initiative may well hinge on satisfying important customers like Moore: speed-minded drive-through patrons who account for 70 per cent of the firm's U.S. revenue.

An on-demand Quarter Pounder takes about a minute longer to land in a customer's hands than does the original sandwich, according to restaurant managers and analysts, even though fresh beef fries up faster than frozen patties. That's because grilling begins only after a patron orders. Traditional Quarter Pounders were often cooked up in batches ahead of time.

Every second counts in the fast-food business. McDonald's drive-through speeds already lag those of some major competitors, according to one widely watched survey. McDonald's does not share such data, but company representatives told Reuters earlier this year that service times have slowed.

Still, company executives are bullish on prospects for the popular Quarter Pounder, which accounts for about one-fourth of McDonald's U.S. burger sales. At an investor conference last month, Chief Executive Steve Easterbrook said the changeover has created fewer complications than expected and that restaurant operators are on board.

Some industry veterans, however, are skeptical. Richard Adams, a former Southern California McDonald's franchisee-turned-consultant, says convenience is paramount for the chain's patrons, who may go elsewhere if speed deteriorates.

"Any time the cooking process begins after the customer orders, the service time will be slower," Adams said.

The fresh-beef initiative comes as pressure builds on McDonald's kitchens.

Adams says restaurant crews already are juggling trickier menu items thanks to the recent national launch of McDonald's new "Signature Crafted" sandwich line, which allows customers to pick their own meat, buns and toppings. "Signature Crafted" quarter-pound burgers also will use fresh beef as it becomes available nationwide.

McDonald's cooks could be further strained by the chain's embrace of self-service kiosks and mobile ordering. The technology shaves ordering times, but can create new bottlenecks by swamping kitchens at peak hours, as companies such as Starbucks Corp have learned.

FRESH VS. FAST

The revamped Quarter Pounder is the latest move by Easterbrook to modernize the 60-year-old chain and reverse four straight years of traffic declines.

It's also a direct shot at Wendy's Co, Whataburger and In-N-Out. Those fresh-burger chains are among the fast-food rivals that McDonald's says have siphoned 500 million U.S. transactions from its stores since 2012.

Easterbrook's introduction of all-day breakfast in October 2015 was a big hit and has helped lift sales. The company's stock price is up more than 25 per cent so far this year.

Analysts expect the fresh-beef push, along with moves to ditch artificial ingredients in popular items such as chicken nuggets, to bolster sales by addressing consumer demand for simpler, "cleaner" and fresher ingredients.

The Quarter Pounder makeover has won early support from analysts and McDonald's franchisees in the heart of cattle country, where the product has been tested for almost two years in about 400 stores in Oklahoma and Texas.

Three Dallas-area McDonald's managers who spoke with Reuters estimated the switch has improved their Quarter Pounder sales from 20 per cent to 50 per cent, albeit aided by advertising and coupons.

"We've been stealing customers from a Whataburger down the street," said Edgar Meza, a manager at a McDonald's restaurant in an upscale neighborhood in north Dallas. Officials at Texas-based Whataburger, a regional chain, declined to comment.

Some burger lovers are taking notice too.

"They're a little juicier," said Bob Riley, who was polishing off a Quarter Pounder at an outlet near Dallas' Deep Ellum neighborhood, his third McDonald's meal of the week.

"I think Wendy's woke them up," he said.

Joe Jasper, a former McDonald's executive who owns 20 restaurants in the Dallas-Fort Worth area, has been deeply involved in the effort. He described the new Quarter Pounder as "the best burger in our industry, but more importantly, (one delivered) at the speed of McDonald's."

Trouble is, the "speed of McDonald's" isn't as fast as that of many of its competitors.

The average service time at a McDonald's drive-through last year was 208.2 seconds, according to a study published by QSR magazine, an industry publication, using data from SeeLevel HX, an Atlanta-based business intelligence firm. That's well behind industry leader Wendy's at 169.1 seconds, according to the survey. Burger King, Dunkin' Donuts and KFC all beat McDonald's too.

McDonald's narrowed the gap with Wendy's by one-third from 2012 to 2016 by adding more drive-through lanes at some stores and by scrapping products such as "snack wraps," tortilla-wrapped sandwiches that proved time-consuming to prepare. Still, its average drive-through service time last year was almost 20 seconds slower than it was in 2012, according to SeeLevel HX data.

Claudia Barcenas, assistant manager at a McDonald's off Dallas' Central Expressway, says her counter and drive-through staff inform patrons that fresh-beef Quarter Pounders can be delayed, particularly if the sandwiches are ordered well-done.

"We have to explain that it takes a bit longer. Perhaps a minute," Barcenas said.

Whether that's worth it for McDonald's customers remains to be seen as the experiment goes nationwide.

Juan Rodriguez waited on his lunch break for a fresh-beef Quarter Pounder at the drive-through of another Dallas McDonald's outlet about nine miles from Barcenas' store. At the three-minute mark, the 20-year-old was getting restless.

"If it's better, I don't mind waiting," Rodriguez said. "But if it tastes the same, then no."


Will McDonald's customers wait for the new Quarter Pounder?

Tracy Moore grew impatient as she waited for a Quarter Pounder recently in the parking lot of a McDonald's restaurant in central Dallas.

The burger, made with fresh beef and billed as hotter and juicer than the original made from a frozen patty, is part of the company's effort to serve tastier food.

But after about four minutes, it was Moore who was steamed. Like other customers who'd ordered the new Quarter Pounder at the restaurant's drive-through, she was asked to pull into a parking space and wait.

"If it's going to be that long every time, I won't order it. I'd go" elsewhere, said Moore, who hits the drive-through every morning for a Coke and dines frequently at the chain.

The tradeoff between time and taste looms large for McDonald's Corp as it works to win back business lost to rivals. The introduction of cooked-to-order, quarter-pound burgers made with fresh beef is part of the chain's attempt to improve food quality. Announced in March, the new sandwiches are already in selected test markets and are expected to be served in all U.S. stores by mid-2018.

But the success of the initiative may well hinge on satisfying important customers like Moore: speed-minded drive-through patrons who account for 70 per cent of the firm's U.S. revenue.

An on-demand Quarter Pounder takes about a minute longer to land in a customer's hands than does the original sandwich, according to restaurant managers and analysts, even though fresh beef fries up faster than frozen patties. That's because grilling begins only after a patron orders. Traditional Quarter Pounders were often cooked up in batches ahead of time.

Every second counts in the fast-food business. McDonald's drive-through speeds already lag those of some major competitors, according to one widely watched survey. McDonald's does not share such data, but company representatives told Reuters earlier this year that service times have slowed.

Still, company executives are bullish on prospects for the popular Quarter Pounder, which accounts for about one-fourth of McDonald's U.S. burger sales. At an investor conference last month, Chief Executive Steve Easterbrook said the changeover has created fewer complications than expected and that restaurant operators are on board.

Some industry veterans, however, are skeptical. Richard Adams, a former Southern California McDonald's franchisee-turned-consultant, says convenience is paramount for the chain's patrons, who may go elsewhere if speed deteriorates.

"Any time the cooking process begins after the customer orders, the service time will be slower," Adams said.

The fresh-beef initiative comes as pressure builds on McDonald's kitchens.

Adams says restaurant crews already are juggling trickier menu items thanks to the recent national launch of McDonald's new "Signature Crafted" sandwich line, which allows customers to pick their own meat, buns and toppings. "Signature Crafted" quarter-pound burgers also will use fresh beef as it becomes available nationwide.

McDonald's cooks could be further strained by the chain's embrace of self-service kiosks and mobile ordering. The technology shaves ordering times, but can create new bottlenecks by swamping kitchens at peak hours, as companies such as Starbucks Corp have learned.

FRESH VS. FAST

The revamped Quarter Pounder is the latest move by Easterbrook to modernize the 60-year-old chain and reverse four straight years of traffic declines.

It's also a direct shot at Wendy's Co, Whataburger and In-N-Out. Those fresh-burger chains are among the fast-food rivals that McDonald's says have siphoned 500 million U.S. transactions from its stores since 2012.

Easterbrook's introduction of all-day breakfast in October 2015 was a big hit and has helped lift sales. The company's stock price is up more than 25 per cent so far this year.

Analysts expect the fresh-beef push, along with moves to ditch artificial ingredients in popular items such as chicken nuggets, to bolster sales by addressing consumer demand for simpler, "cleaner" and fresher ingredients.

The Quarter Pounder makeover has won early support from analysts and McDonald's franchisees in the heart of cattle country, where the product has been tested for almost two years in about 400 stores in Oklahoma and Texas.

Three Dallas-area McDonald's managers who spoke with Reuters estimated the switch has improved their Quarter Pounder sales from 20 per cent to 50 per cent, albeit aided by advertising and coupons.

"We've been stealing customers from a Whataburger down the street," said Edgar Meza, a manager at a McDonald's restaurant in an upscale neighborhood in north Dallas. Officials at Texas-based Whataburger, a regional chain, declined to comment.

Some burger lovers are taking notice too.

"They're a little juicier," said Bob Riley, who was polishing off a Quarter Pounder at an outlet near Dallas' Deep Ellum neighborhood, his third McDonald's meal of the week.

"I think Wendy's woke them up," he said.

Joe Jasper, a former McDonald's executive who owns 20 restaurants in the Dallas-Fort Worth area, has been deeply involved in the effort. He described the new Quarter Pounder as "the best burger in our industry, but more importantly, (one delivered) at the speed of McDonald's."

Trouble is, the "speed of McDonald's" isn't as fast as that of many of its competitors.

The average service time at a McDonald's drive-through last year was 208.2 seconds, according to a study published by QSR magazine, an industry publication, using data from SeeLevel HX, an Atlanta-based business intelligence firm. That's well behind industry leader Wendy's at 169.1 seconds, according to the survey. Burger King, Dunkin' Donuts and KFC all beat McDonald's too.

McDonald's narrowed the gap with Wendy's by one-third from 2012 to 2016 by adding more drive-through lanes at some stores and by scrapping products such as "snack wraps," tortilla-wrapped sandwiches that proved time-consuming to prepare. Still, its average drive-through service time last year was almost 20 seconds slower than it was in 2012, according to SeeLevel HX data.

Claudia Barcenas, assistant manager at a McDonald's off Dallas' Central Expressway, says her counter and drive-through staff inform patrons that fresh-beef Quarter Pounders can be delayed, particularly if the sandwiches are ordered well-done.

"We have to explain that it takes a bit longer. Perhaps a minute," Barcenas said.

Whether that's worth it for McDonald's customers remains to be seen as the experiment goes nationwide.

Juan Rodriguez waited on his lunch break for a fresh-beef Quarter Pounder at the drive-through of another Dallas McDonald's outlet about nine miles from Barcenas' store. At the three-minute mark, the 20-year-old was getting restless.

"If it's better, I don't mind waiting," Rodriguez said. "But if it tastes the same, then no."


Will McDonald's customers wait for the new Quarter Pounder?

Tracy Moore grew impatient as she waited for a Quarter Pounder recently in the parking lot of a McDonald's restaurant in central Dallas.

The burger, made with fresh beef and billed as hotter and juicer than the original made from a frozen patty, is part of the company's effort to serve tastier food.

But after about four minutes, it was Moore who was steamed. Like other customers who'd ordered the new Quarter Pounder at the restaurant's drive-through, she was asked to pull into a parking space and wait.

"If it's going to be that long every time, I won't order it. I'd go" elsewhere, said Moore, who hits the drive-through every morning for a Coke and dines frequently at the chain.

The tradeoff between time and taste looms large for McDonald's Corp as it works to win back business lost to rivals. The introduction of cooked-to-order, quarter-pound burgers made with fresh beef is part of the chain's attempt to improve food quality. Announced in March, the new sandwiches are already in selected test markets and are expected to be served in all U.S. stores by mid-2018.

But the success of the initiative may well hinge on satisfying important customers like Moore: speed-minded drive-through patrons who account for 70 per cent of the firm's U.S. revenue.

An on-demand Quarter Pounder takes about a minute longer to land in a customer's hands than does the original sandwich, according to restaurant managers and analysts, even though fresh beef fries up faster than frozen patties. That's because grilling begins only after a patron orders. Traditional Quarter Pounders were often cooked up in batches ahead of time.

Every second counts in the fast-food business. McDonald's drive-through speeds already lag those of some major competitors, according to one widely watched survey. McDonald's does not share such data, but company representatives told Reuters earlier this year that service times have slowed.

Still, company executives are bullish on prospects for the popular Quarter Pounder, which accounts for about one-fourth of McDonald's U.S. burger sales. At an investor conference last month, Chief Executive Steve Easterbrook said the changeover has created fewer complications than expected and that restaurant operators are on board.

Some industry veterans, however, are skeptical. Richard Adams, a former Southern California McDonald's franchisee-turned-consultant, says convenience is paramount for the chain's patrons, who may go elsewhere if speed deteriorates.

"Any time the cooking process begins after the customer orders, the service time will be slower," Adams said.

The fresh-beef initiative comes as pressure builds on McDonald's kitchens.

Adams says restaurant crews already are juggling trickier menu items thanks to the recent national launch of McDonald's new "Signature Crafted" sandwich line, which allows customers to pick their own meat, buns and toppings. "Signature Crafted" quarter-pound burgers also will use fresh beef as it becomes available nationwide.

McDonald's cooks could be further strained by the chain's embrace of self-service kiosks and mobile ordering. The technology shaves ordering times, but can create new bottlenecks by swamping kitchens at peak hours, as companies such as Starbucks Corp have learned.

FRESH VS. FAST

The revamped Quarter Pounder is the latest move by Easterbrook to modernize the 60-year-old chain and reverse four straight years of traffic declines.

It's also a direct shot at Wendy's Co, Whataburger and In-N-Out. Those fresh-burger chains are among the fast-food rivals that McDonald's says have siphoned 500 million U.S. transactions from its stores since 2012.

Easterbrook's introduction of all-day breakfast in October 2015 was a big hit and has helped lift sales. The company's stock price is up more than 25 per cent so far this year.

Analysts expect the fresh-beef push, along with moves to ditch artificial ingredients in popular items such as chicken nuggets, to bolster sales by addressing consumer demand for simpler, "cleaner" and fresher ingredients.

The Quarter Pounder makeover has won early support from analysts and McDonald's franchisees in the heart of cattle country, where the product has been tested for almost two years in about 400 stores in Oklahoma and Texas.

Three Dallas-area McDonald's managers who spoke with Reuters estimated the switch has improved their Quarter Pounder sales from 20 per cent to 50 per cent, albeit aided by advertising and coupons.

"We've been stealing customers from a Whataburger down the street," said Edgar Meza, a manager at a McDonald's restaurant in an upscale neighborhood in north Dallas. Officials at Texas-based Whataburger, a regional chain, declined to comment.

Some burger lovers are taking notice too.

"They're a little juicier," said Bob Riley, who was polishing off a Quarter Pounder at an outlet near Dallas' Deep Ellum neighborhood, his third McDonald's meal of the week.

"I think Wendy's woke them up," he said.

Joe Jasper, a former McDonald's executive who owns 20 restaurants in the Dallas-Fort Worth area, has been deeply involved in the effort. He described the new Quarter Pounder as "the best burger in our industry, but more importantly, (one delivered) at the speed of McDonald's."

Trouble is, the "speed of McDonald's" isn't as fast as that of many of its competitors.

The average service time at a McDonald's drive-through last year was 208.2 seconds, according to a study published by QSR magazine, an industry publication, using data from SeeLevel HX, an Atlanta-based business intelligence firm. That's well behind industry leader Wendy's at 169.1 seconds, according to the survey. Burger King, Dunkin' Donuts and KFC all beat McDonald's too.

McDonald's narrowed the gap with Wendy's by one-third from 2012 to 2016 by adding more drive-through lanes at some stores and by scrapping products such as "snack wraps," tortilla-wrapped sandwiches that proved time-consuming to prepare. Still, its average drive-through service time last year was almost 20 seconds slower than it was in 2012, according to SeeLevel HX data.

Claudia Barcenas, assistant manager at a McDonald's off Dallas' Central Expressway, says her counter and drive-through staff inform patrons that fresh-beef Quarter Pounders can be delayed, particularly if the sandwiches are ordered well-done.

"We have to explain that it takes a bit longer. Perhaps a minute," Barcenas said.

Whether that's worth it for McDonald's customers remains to be seen as the experiment goes nationwide.

Juan Rodriguez waited on his lunch break for a fresh-beef Quarter Pounder at the drive-through of another Dallas McDonald's outlet about nine miles from Barcenas' store. At the three-minute mark, the 20-year-old was getting restless.

"If it's better, I don't mind waiting," Rodriguez said. "But if it tastes the same, then no."


Will McDonald's customers wait for the new Quarter Pounder?

Tracy Moore grew impatient as she waited for a Quarter Pounder recently in the parking lot of a McDonald's restaurant in central Dallas.

The burger, made with fresh beef and billed as hotter and juicer than the original made from a frozen patty, is part of the company's effort to serve tastier food.

But after about four minutes, it was Moore who was steamed. Like other customers who'd ordered the new Quarter Pounder at the restaurant's drive-through, she was asked to pull into a parking space and wait.

"If it's going to be that long every time, I won't order it. I'd go" elsewhere, said Moore, who hits the drive-through every morning for a Coke and dines frequently at the chain.

The tradeoff between time and taste looms large for McDonald's Corp as it works to win back business lost to rivals. The introduction of cooked-to-order, quarter-pound burgers made with fresh beef is part of the chain's attempt to improve food quality. Announced in March, the new sandwiches are already in selected test markets and are expected to be served in all U.S. stores by mid-2018.

But the success of the initiative may well hinge on satisfying important customers like Moore: speed-minded drive-through patrons who account for 70 per cent of the firm's U.S. revenue.

An on-demand Quarter Pounder takes about a minute longer to land in a customer's hands than does the original sandwich, according to restaurant managers and analysts, even though fresh beef fries up faster than frozen patties. That's because grilling begins only after a patron orders. Traditional Quarter Pounders were often cooked up in batches ahead of time.

Every second counts in the fast-food business. McDonald's drive-through speeds already lag those of some major competitors, according to one widely watched survey. McDonald's does not share such data, but company representatives told Reuters earlier this year that service times have slowed.

Still, company executives are bullish on prospects for the popular Quarter Pounder, which accounts for about one-fourth of McDonald's U.S. burger sales. At an investor conference last month, Chief Executive Steve Easterbrook said the changeover has created fewer complications than expected and that restaurant operators are on board.

Some industry veterans, however, are skeptical. Richard Adams, a former Southern California McDonald's franchisee-turned-consultant, says convenience is paramount for the chain's patrons, who may go elsewhere if speed deteriorates.

"Any time the cooking process begins after the customer orders, the service time will be slower," Adams said.

The fresh-beef initiative comes as pressure builds on McDonald's kitchens.

Adams says restaurant crews already are juggling trickier menu items thanks to the recent national launch of McDonald's new "Signature Crafted" sandwich line, which allows customers to pick their own meat, buns and toppings. "Signature Crafted" quarter-pound burgers also will use fresh beef as it becomes available nationwide.

McDonald's cooks could be further strained by the chain's embrace of self-service kiosks and mobile ordering. The technology shaves ordering times, but can create new bottlenecks by swamping kitchens at peak hours, as companies such as Starbucks Corp have learned.

FRESH VS. FAST

The revamped Quarter Pounder is the latest move by Easterbrook to modernize the 60-year-old chain and reverse four straight years of traffic declines.

It's also a direct shot at Wendy's Co, Whataburger and In-N-Out. Those fresh-burger chains are among the fast-food rivals that McDonald's says have siphoned 500 million U.S. transactions from its stores since 2012.

Easterbrook's introduction of all-day breakfast in October 2015 was a big hit and has helped lift sales. The company's stock price is up more than 25 per cent so far this year.

Analysts expect the fresh-beef push, along with moves to ditch artificial ingredients in popular items such as chicken nuggets, to bolster sales by addressing consumer demand for simpler, "cleaner" and fresher ingredients.

The Quarter Pounder makeover has won early support from analysts and McDonald's franchisees in the heart of cattle country, where the product has been tested for almost two years in about 400 stores in Oklahoma and Texas.

Three Dallas-area McDonald's managers who spoke with Reuters estimated the switch has improved their Quarter Pounder sales from 20 per cent to 50 per cent, albeit aided by advertising and coupons.

"We've been stealing customers from a Whataburger down the street," said Edgar Meza, a manager at a McDonald's restaurant in an upscale neighborhood in north Dallas. Officials at Texas-based Whataburger, a regional chain, declined to comment.

Some burger lovers are taking notice too.

"They're a little juicier," said Bob Riley, who was polishing off a Quarter Pounder at an outlet near Dallas' Deep Ellum neighborhood, his third McDonald's meal of the week.

"I think Wendy's woke them up," he said.

Joe Jasper, a former McDonald's executive who owns 20 restaurants in the Dallas-Fort Worth area, has been deeply involved in the effort. He described the new Quarter Pounder as "the best burger in our industry, but more importantly, (one delivered) at the speed of McDonald's."

Trouble is, the "speed of McDonald's" isn't as fast as that of many of its competitors.

The average service time at a McDonald's drive-through last year was 208.2 seconds, according to a study published by QSR magazine, an industry publication, using data from SeeLevel HX, an Atlanta-based business intelligence firm. That's well behind industry leader Wendy's at 169.1 seconds, according to the survey. Burger King, Dunkin' Donuts and KFC all beat McDonald's too.

McDonald's narrowed the gap with Wendy's by one-third from 2012 to 2016 by adding more drive-through lanes at some stores and by scrapping products such as "snack wraps," tortilla-wrapped sandwiches that proved time-consuming to prepare. Still, its average drive-through service time last year was almost 20 seconds slower than it was in 2012, according to SeeLevel HX data.

Claudia Barcenas, assistant manager at a McDonald's off Dallas' Central Expressway, says her counter and drive-through staff inform patrons that fresh-beef Quarter Pounders can be delayed, particularly if the sandwiches are ordered well-done.

"We have to explain that it takes a bit longer. Perhaps a minute," Barcenas said.

Whether that's worth it for McDonald's customers remains to be seen as the experiment goes nationwide.

Juan Rodriguez waited on his lunch break for a fresh-beef Quarter Pounder at the drive-through of another Dallas McDonald's outlet about nine miles from Barcenas' store. At the three-minute mark, the 20-year-old was getting restless.

"If it's better, I don't mind waiting," Rodriguez said. "But if it tastes the same, then no."


Will McDonald's customers wait for the new Quarter Pounder?

Tracy Moore grew impatient as she waited for a Quarter Pounder recently in the parking lot of a McDonald's restaurant in central Dallas.

The burger, made with fresh beef and billed as hotter and juicer than the original made from a frozen patty, is part of the company's effort to serve tastier food.

But after about four minutes, it was Moore who was steamed. Like other customers who'd ordered the new Quarter Pounder at the restaurant's drive-through, she was asked to pull into a parking space and wait.

"If it's going to be that long every time, I won't order it. I'd go" elsewhere, said Moore, who hits the drive-through every morning for a Coke and dines frequently at the chain.

The tradeoff between time and taste looms large for McDonald's Corp as it works to win back business lost to rivals. The introduction of cooked-to-order, quarter-pound burgers made with fresh beef is part of the chain's attempt to improve food quality. Announced in March, the new sandwiches are already in selected test markets and are expected to be served in all U.S. stores by mid-2018.

But the success of the initiative may well hinge on satisfying important customers like Moore: speed-minded drive-through patrons who account for 70 per cent of the firm's U.S. revenue.

An on-demand Quarter Pounder takes about a minute longer to land in a customer's hands than does the original sandwich, according to restaurant managers and analysts, even though fresh beef fries up faster than frozen patties. That's because grilling begins only after a patron orders. Traditional Quarter Pounders were often cooked up in batches ahead of time.

Every second counts in the fast-food business. McDonald's drive-through speeds already lag those of some major competitors, according to one widely watched survey. McDonald's does not share such data, but company representatives told Reuters earlier this year that service times have slowed.

Still, company executives are bullish on prospects for the popular Quarter Pounder, which accounts for about one-fourth of McDonald's U.S. burger sales. At an investor conference last month, Chief Executive Steve Easterbrook said the changeover has created fewer complications than expected and that restaurant operators are on board.

Some industry veterans, however, are skeptical. Richard Adams, a former Southern California McDonald's franchisee-turned-consultant, says convenience is paramount for the chain's patrons, who may go elsewhere if speed deteriorates.

"Any time the cooking process begins after the customer orders, the service time will be slower," Adams said.

The fresh-beef initiative comes as pressure builds on McDonald's kitchens.

Adams says restaurant crews already are juggling trickier menu items thanks to the recent national launch of McDonald's new "Signature Crafted" sandwich line, which allows customers to pick their own meat, buns and toppings. "Signature Crafted" quarter-pound burgers also will use fresh beef as it becomes available nationwide.

McDonald's cooks could be further strained by the chain's embrace of self-service kiosks and mobile ordering. The technology shaves ordering times, but can create new bottlenecks by swamping kitchens at peak hours, as companies such as Starbucks Corp have learned.

FRESH VS. FAST

The revamped Quarter Pounder is the latest move by Easterbrook to modernize the 60-year-old chain and reverse four straight years of traffic declines.

It's also a direct shot at Wendy's Co, Whataburger and In-N-Out. Those fresh-burger chains are among the fast-food rivals that McDonald's says have siphoned 500 million U.S. transactions from its stores since 2012.

Easterbrook's introduction of all-day breakfast in October 2015 was a big hit and has helped lift sales. The company's stock price is up more than 25 per cent so far this year.

Analysts expect the fresh-beef push, along with moves to ditch artificial ingredients in popular items such as chicken nuggets, to bolster sales by addressing consumer demand for simpler, "cleaner" and fresher ingredients.

The Quarter Pounder makeover has won early support from analysts and McDonald's franchisees in the heart of cattle country, where the product has been tested for almost two years in about 400 stores in Oklahoma and Texas.

Three Dallas-area McDonald's managers who spoke with Reuters estimated the switch has improved their Quarter Pounder sales from 20 per cent to 50 per cent, albeit aided by advertising and coupons.

"We've been stealing customers from a Whataburger down the street," said Edgar Meza, a manager at a McDonald's restaurant in an upscale neighborhood in north Dallas. Officials at Texas-based Whataburger, a regional chain, declined to comment.

Some burger lovers are taking notice too.

"They're a little juicier," said Bob Riley, who was polishing off a Quarter Pounder at an outlet near Dallas' Deep Ellum neighborhood, his third McDonald's meal of the week.

"I think Wendy's woke them up," he said.

Joe Jasper, a former McDonald's executive who owns 20 restaurants in the Dallas-Fort Worth area, has been deeply involved in the effort. He described the new Quarter Pounder as "the best burger in our industry, but more importantly, (one delivered) at the speed of McDonald's."

Trouble is, the "speed of McDonald's" isn't as fast as that of many of its competitors.

The average service time at a McDonald's drive-through last year was 208.2 seconds, according to a study published by QSR magazine, an industry publication, using data from SeeLevel HX, an Atlanta-based business intelligence firm. That's well behind industry leader Wendy's at 169.1 seconds, according to the survey. Burger King, Dunkin' Donuts and KFC all beat McDonald's too.

McDonald's narrowed the gap with Wendy's by one-third from 2012 to 2016 by adding more drive-through lanes at some stores and by scrapping products such as "snack wraps," tortilla-wrapped sandwiches that proved time-consuming to prepare. Still, its average drive-through service time last year was almost 20 seconds slower than it was in 2012, according to SeeLevel HX data.

Claudia Barcenas, assistant manager at a McDonald's off Dallas' Central Expressway, says her counter and drive-through staff inform patrons that fresh-beef Quarter Pounders can be delayed, particularly if the sandwiches are ordered well-done.

"We have to explain that it takes a bit longer. Perhaps a minute," Barcenas said.

Whether that's worth it for McDonald's customers remains to be seen as the experiment goes nationwide.

Juan Rodriguez waited on his lunch break for a fresh-beef Quarter Pounder at the drive-through of another Dallas McDonald's outlet about nine miles from Barcenas' store. At the three-minute mark, the 20-year-old was getting restless.

"If it's better, I don't mind waiting," Rodriguez said. "But if it tastes the same, then no."



コメント:

  1. Brockley

    なんて良い質問

  2. Locke

    一つのテーマ、私はそれが好きです:)

  3. Fejora

    あなたは正しくないと思います。私は確信しています。私はそれを証明することができます。 PMに書くと、通信します。

  4. Tojas

    この壮大なフレーズはちょうど刻まれました

  5. Lochlann

    ワッカー、それは私には素晴らしいアイデアのようです

  6. Akinonos

    アドバイスをありがとう、どうすれば感謝できますか?

  7. JoJobar

    私はあなたの論理が見えません



メッセージを書く